子供用の日焼け止めはオーガニック??おすすめの商品はコレ!

娘が、幼稚園の園庭で
よく走り回ってるのを見かけるんだけど、



紫外線が怖いのよね・・・・( ̄- ̄;)


子供用の日焼け止めって、
あんまり化学薬品が使われているのはコワイし・・・
オーガニックとか、ノンケミカルのがいいのかしら?


肌に優しい
おすすめの日焼け止めがあったらいいんだけどなぁ~



子ども



確かに!!(; ̄ー ̄A




私の娘もまだ小さいのですが、
保育所に通っていた頃は、



炎天下(といっても、さすがに午前中の数時間だけでしたが)
で、園庭を走り回っていて、



さすがに心配しました。
特に、赤ちゃんの頃は、アトピーだったので、
皮膚も弱かったんです・・・・!!





日焼け止めも、
皮膚科のお医者さんに聞いたり、
ネットで調べて試したり、いろいろがんばってきました …(((;^^)






子供用の日焼け止め!
ノンケミカル・オーガニックは本当に良いのか?
おすすめの日焼け止めを紹介します!!




スポンサーリンク







子供の成長にある程度は
紫外線も必要なんです。

血行・新陳代謝の促進・ビタミンDの合成等



ですが、
長時間(午前10時以降)ずっと浴び続けるとなると、
やはり危険!!



まずは、子供の紫外線対策の必要性について
考えてみましょう♪


紫外線対策は子供の頃から必須!



紫外線は1年中あるものなのですが、



特に、5月からさんさんと降り注ぎ始め、
6月~8月にはピークを迎えます。





子供の肌は、表皮が薄く、バリア機能も未発達です。


紫外線は、人間の一生のうち50%までを
18歳までに、浴びてしまうとの見解があり、



DNAのダメージ・皮膚の加齢・皮膚がんのリスク等
その影響は、何十年も経ってから現れる事も多々あるんですね!∑(゚□゚;)



ですから、
紫外線対策は、子供の頃からしっかりしておいて
あげた方がいいのは絶対です!!



私達大人はもちろんですが、



外出はできるだけ


    午前中10時くらいまでにする。

    帽子は必ず、かぶらせる。

    UVケアの衣類を着せてあげる。

    日陰をうまく利用する。




等を心がける事が重要です!(゚ー゚)(。_。)






そして、


同時に、日焼け止めを塗ってあげるべきなんですが、


最近の日焼け止めは、
オーガニック・ノンケミカル系のものを検討している方が
多くいらっしゃるようです。



確かに、あまり強い科学薬品が使われていると、
心配ですもんね!!( ̄- ̄;)


まずは、オーガニック・ノンケミカルの日焼け止めはどんなものなのか、
見て行きましょう!


スポンサーリンク





オーガニック・ノンケミカルの日焼け止めとは?




オーガニック

オーガニックというと、
自然派!肌にやさしい!!



というイメージが強力にありますよね♪



「オーガニック」とは、
農産物のイメージがありますが、



それだけではなく、



農薬などの化学成分を使用せずに栽培された、
有機素材で作られたコスメや日焼け止めも、そう呼びます。



その素材を使用することによって、
私達が本来持つ、自然治癒力を高めて、
肌をケアしていくもので、お肌への刺激が少ないとされています。




ケミカルとノンケミカル



できるだけ、天然の自然成分が
使われている物が良い!と
思って、「ノンケミカル」を探される方も多いと思うんです。



超簡単に、
結論から言えば、


両者とも、化学物質ははいっている、という事。


    ケミカル・・・・・紫外線吸収剤が入っている。
    ノンケミカル・・・紫外線散乱剤が入っている。

両者とも名前からして、科学物質っぽいですよねwww。
(私はそう感じました)



ケミカル(紫外線吸収剤)とは?




紫外線をカットする効果が高いのが紫外線吸収剤。
太陽から受けた紫外線を、一端吸収し、化学反応でエネルギーに変換。



この化学反応の副作用が、

肌に刺激になってしまいやすいとされているんですね。


ノンケミカル(紫外線反射剤)とは?




これはその名のとおり、



これは、肌の上に塗った日焼け止めが、
紫外線を跳ね返す作用があります。



含まれる成分も、ケミカルなものに比べると、
天然の成分が多いです。


ただし、
ケミカルなものより、白浮きや乾燥もしやすいです。



両者とも、
「化粧品」の類と考えると、程度の差こそあれ、
化学物質は含まれているんです。(゚ー゚)(。_。)


日差し



子供にオーガニック・ノンケミカルの日焼け止めは使えるのか?




さて、
それでは、これらのオーガニック・ノンケミカルの日焼け止めは
本当に子供の肌にもやさしく、安心して使えるんでしょうか?


ここが一番肝心なところですよね!!(゚ー゚)(。_。)




オーガニックは天然素材を使用していますが、
その素材自体に、アレルギーを持っている場合は、


逆に肌トラブルを引き起こす可能性も出てきます。
━━(;゚Д゚)━━




また、
製品は良いと思うんだけど、
価格が・・・おそろしく高い!!!( ̄- ̄;)


子供用として購入するには、
「ちょっと・・・」ねぇ~



じゃぁ、


ノンケミカルはどうでしょう?



私の経験上、
ノンケミカルという名称だけにこだわりすぎる必要もないかなぁと思います。
ヾ(;´▽`A“



ケミカルにしても、ノンケミカルにしても、
化学物質は含まれているし、



かといって、それらが「危険!!」とは言い切れないんですよね。



かつては、双方に含まれる化学物質が、
心配されたのですが、
現在は、研究も重ねられ、それらの物質が、



直接肌に触れないように配慮されたものも数多く出てきています。






私も当初は、
「ノンケミカル」という名称だけにとらわれて、



そればかり購入。



娘に何回か、試そうとしましたが、
どうやら、塗り心地もイマイチだったようで、



激しく拒否するようになってしまいました。 …(((;^^)



実際のところ、
合う・合わないは、



一度、使ってみないと、
わからないんですよね。




とりあえず、小さいものを購入して、

心配なら、使用前にまず、
パッチテストを行って、
その製品で、子供の肌に異常が現れないか
確認してから使用するようにしましょう。



パッチテスト

    二の腕の内側は皮膚が薄く敏感な部分なので、
    試したい日焼け止めを、少量取り、
    肌に刷り込んでから、一晩待ちます。
    その部分に異常がなければ、大丈夫です(^^)


とにかく、
まだ抵抗力の無い幼児。


皮膚に塗るものには、
できるだけ、刺激の少ないもので、
効果が出る物を選んで、使ってあげたいですよね。


それでは、お待たせしました(^^)




私が子供が生まれてからずっと信頼してお世話になっている
皮膚科のお医者様からおしえていただいた



おすすめの日焼け止めを紹介しますね。



子供用のおすすめ日焼け止め




ピジョン 
ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ SPF35 30g



私の娘は、赤ちゃんの頃、
全身真っ赤なくらい、ひどいアトピーだったんです(T_T)



だから、



「なんとかしてあげなくちゃ!!」
そこら中の皮膚科に通い詰めました。



おかげで今は、
ちらっと、娘の状態を見ただけで、
適格なお薬を処方してくれるお医者様に巡り合う事ができ、



そこの先生が、迷わず勧めてくれたのが
ピジョンだったんです(^^)


低刺激で、無着色・無香料なのも安心できるところ♪



娘も抵抗なく、塗らせてくれます。
保育所に行っていない時は、



2~3時間に1回程度、
塗りなおしていましたが、焼けませんでした。


全てのお子さんに合うとは、絶対言い切れないので
一度、お試しになってみてみてくださいね。



女の子 (1)



終わりに

子供はとにかく、無条件に可愛いです!!

皮膚が弱かったり、アトピーだったりすると、
とにかく、こちらとしても、一生懸命になりますよねヾ(;´▽`A“



だから、日焼け止めにしても、
つい、神経質になって、オーガニックとか、ノンケミカルとか
探してしまうんですが、


信頼しているお医者様とかの専門家のアドバイスを
聞くと、そんなに神経質になって
選ぶ必要もないみたいです。



心配なら一度パッチテストをしてから、
大切なお子さんが
安心して使える日焼け止めを選んであげてくださいね♪
(*^-‘)b

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ