毎年、プールばっかりなんで、
今年は、海に子供を泳ぎに連れて行きたいのよね♪(^^)


ラッシュガードを着せてやりたいんだけど、
子供用のラッシュガードって
半袖か長袖のどっちがいいんだろう?



サイズの選び方・ファスナーのあるなしも
含めて

最適のラッシュガードキッズを着せてあげたいなぁ~・・・



プール遊び

そろそろ泳げるシーズンになってくると、
水遊びが大好きな子供のために
水着を買ったり、


紫外線対策として、
日焼け止めを準備したり、



帽子を購入したり・・・
何かと準備がいるものです。



皮膚を長時間さらす事になる海やプールは、
紫外線対策が必須!(゚ー゚)(。_。)。



ラッシュガードとは?
子供用のラッシュガードキッズの選び方、
半袖か長袖か?サイズはどれを選べばいいか?

を中心にしっかり調べてみましたよん♪(´▽`*)

スポンサーリンク



ラッシュガードとは?



そもそも、ラッシュガードって一体なんでしょう?

一般的にサーフィン、ジェットスキーなどマリンスポーツのウェアとして、
日焼け防止(紫外線防止)の保護として、
スリ傷防止、キズ隠し用として子供から大人までプール・
海水浴(女性の方は水着の上に着用することが多いです)など
幅広く愛用されており、ソフト素材は野球や陸上などの
スポーツインナーやアンダーシャツ、
格闘技・武術などにもTシャツやスポーツウェアとして活用されていますが、
スキーウェア、スノーボードウェアや
オートバイウェアのスポーツインナーや保温ウェアとしても活用いただけます。

引用:株式会社ミヤモリ

端的に言えば、
水遊び(?)する時の「日焼け防止ウェア」のこと。




子供用では
「ラッシュガードキッズ」という名称で、販売されています。

着用感は水着とほぼ一緒♪(^^)

素材は、各メーカーによって様々な物がありますが、
基本的にUVカット素材が使われており、

紫外線カット速乾性・はっ水性を発揮する
快適なウェアになります。





紫外線は年中、私達の周りに降り注いでいるのですが、
特に5月以降、6月~8月までがピーク

とにかく暑いし、子供も喜ぶからと
ついつい、プールや海などに連れて行きがちになるんですが、

特に海やプールなどの、水面の紫外線の反射は、通常の紫外線と、
ダブル攻撃になるので、∑(゚□゚;)

これらの対策は必須になります。


屋外の水際で肌を長時間、日にさらすつもりなら、
ラッシュガードは、
日焼け止めと共に、準備したいものです。(゚ー゚)(。_。)





じゃぁ、ラッシュガードを購入するとして、
どんなタイプの物を購入したらいいんでしょう???
ヾ(;´▽`A“

スポンサーリンク


ラッシュガードキッズ:半袖or長袖どっちが快適?

まず、ラッシュガードのサイズはどうするか?

具体的には、半袖にするか?長袖にするか?
ですよね。 …(((;^^)


これは、まず、どこで水遊びをさせるかによって
微妙に変わってきます。



大ざっぱに結論から言えば、

やはり、危険な紫外線を防止する
という目的から考えていくとすると、
やはり長袖ファスナー付きを。

さらにUPF(紫外線カットの世界的基準値)
の記載があった方が無難です。(゚ー゚)(。_。)



UPFは3段階に分類されており、

    UPF15~24 : Good UVカット率85%以上
    UPF25~39 : Very Good UVカット率90%以上
    UPF40~50+ :Excellent UVカット率95%以上

となっています。

ですから、なるたけ、
UPFの高い数値が記載されている物を選んだ方が
紫外線はカットされるという事ですね♪(゜∇^d)

あとは、お子さんの着心地、行く場所によって、
着方を変えていくという感じです。(^^)

海外 海

ラッシュガード:プール


まぁ、屋外のプールで「水遊び」という観点から選ぶなら
サイズは、ちょっとゆったり目でもOK♪

ファスナーはあった方が、
水の中でも、脱ぎ着させるのが、
かなり楽になるので、便利です。(^^)


私の子供も着心地が気に入ったようで、
ずっと着たまま、水遊びを楽しんでました。

また、脱いだ後も、乾きが早いんで、プールのそばに干しておいても、
短時間で乾くのがありがたいところではないでしょうか?

帰る時、
濡れていると、ちょっと手間ですもんねヾ(;´▽`A“


ラッシュガード:海




対して、自然まっただ中の海の場合。
プールとは、また違った視点で
ラッシュガードを選ばなければいけません。(゚ー゚)(。_。)。




海と一言でいっても、
国内と海外では、日差しの強さが違いますし、

海からの照り返しもキツイです∑(゚□゚;)

又、海にはプールにはない危険物も多いです。

・岩場での擦り傷の防止
・クラゲなどの海洋生物からの保護

くらげ

という観点も含めて、

全身覆えるタイプのラッシュガードが無難ですね♪

カラーも、濃いめがいいでしょう♪

特に親がサーフィンなどをして、
子供も一緒に楽しむつもりなら、

サイズは、ジャストサイズじゃないと危険です!

たるみがあると、水や空気の抵抗もあるし、
引っ掛ける可能性が出てくるからです。



ラッシュガードの保温性は?



プールでも海でも、長時間、水の中に居る可能性が高いので、
やはり保温性を考えてしまいますよね!!(゚ー゚)(。_。)




ラッシュガードで言うと、
保温という観点より、
体温を奪われないようにするという役割があると思います。

空気中に比べて、
水中は約25倍の早さで熱が奪われるので、

ラッシュガードが一枚あるのと、感覚として「寒くない」んですね。



保温性を重視して考えるなら、
中には、裏地が起毛加工された暖かいラッシュガードもあるので、

そちらを検討されるか、
もしくは、ウェットスーツを選択肢に入れてみるのも良いと思います。

女の子


終わりに

さて、
こんな感じで、いろいろ考えていくと、
いろいろ、考えるポイントが出てきて、

めんどくさいですよねwww(; ̄ー ̄A

ですから、
まだ、ラッシュガードを買いに行った事がないなら、
まずは、専門のマリンショップに行って、
店員さんに相談。

試着もして着心地を確かめてから購入すると良いと思います。

ラッシュガードは水着と同じで、
収縮性があるので、見た目と着用した感じは、
違うんですよね(; ̄ー ̄A

これからの紫外線対策に、
快適なラッシュガードを購入して、
子供を思う存分、遊ばせてあげましょうね♪

スポンサーリンク




関連記事はこちら