志望校に絶対受かる!ノートの取り方

志望校に受かりたい!!
そのために役立つノートの取り方が知りたい!!!


くやしい

負けたくない!!

嫌いなヤツが居て、ヤツにばかにされた!!
絶対負けたくない!!!




感情的になっている時って、
人間ってものすごく燃え立ちますよねぇ!!(^^)

腹がものすごく立つけど、


これはね。

逆にものすごいチャンスなんですよ~♪
 


私もこうした、つらい経験を何回もしました(T_T)
まず、勉強が、授業が面白くないんです。

先生も嫌いだったし、
嫌いな先生が教える授業なんて、
余計に勉強する気がなくなりますよねwww。

だから、

授業中は、ノートに先生の悪口とか、
日頃のたまった不満だとか、走り書きしてたんです。

「うるせー!!」
「くそー!!」
「〇〇なんてわかんない!!」
「もっとわかりやすく説明しろっ!!!」

って感じ(>人<;)






ところが、

これをする事によって、
ある事に気がつきました。

むかっ!!となっている時に、
先生がしゃべったことをメモると、

覚えられるんです。www。

「わからない」と思った事でも良い。
その時、わからなくても、メモっておいて、
あとで、友達に聞いたり、教科書を読んだりすると、

理解できる





「これだ!!!」って思いましたね♪(。☉౪ ⊙。)

私の目標は、試験で高得点を取ること。
そして、志望校に合格すること。





先生の好き・嫌い、
授業の面白い・面白くないは、全く関係ない。

自分のノートで
勉強を面白くしてしまえばいいんだ!!

感情的になると、勉強にも熱が入ります

感情を伴った記憶は消えないんです。



この興奮状態を維持して、
勉強に取り組めば、怖いものなし!!!

私は「大嫌い!!」のパワーを「面白い~♪」に変換して、
見事100点を獲得

大嫌いな先生から、
「努力のあとが見えます!!
〇〇さんすごい!!」
絶賛され、

志望校にも見事
合格しました!!!
やったー♪♪♪ぱちぱちぱち(。☉౪ ⊙。)





あなたのために、

記憶に鮮明に残る
ノートの取り方!

志望校に絶対受かる
ノートの取り方!

をどどーんと解説しちゃいますぅ~~(´▽`*)

それでは行ってみましょう~




スポンサーリンク





終わってすぐ、授業の内容を思い出せますか?






まず、あなたが自信を取り戻す方法として、

試験で高得点を取るのが

一番の手段になりますよね?


高得点を取るためには?
まず、授業を理解する事が重要になります。



授業を理解するために、
私達はノートを取る訳ですが、

果たして、
自分が取ったノートを見直して、
授業の内容が思い出せるでしょうか?www




私?

私も、この点に気がつくまでは、
ずっと黒板の文字を機械的に丸写ししているだけだったので、

授業内容なんてまったく思い返せませんでした。(>人<;)

要するに
手で文字を書きながら、頭で別の事を考えていたんですねwww。
(おいおいおいおい・・・(゚◇゚;)






機械的にノートを取っているだけでは、
絶対に記憶に残りません!!




じゃぁ、どうするのか?


板書は写さない。先生の話を徹底的にメモる



罫線も何もない、無地のノートを用意しましょう♪

(あってもいいけど、罫線くっきりのノートは、
あなたのクリエイティブ性が阻害されます!)


そして、左側のページに
板書でなく(書いてもいいが、ポイントだけ)

先生の話のポイントを
自分なりにアレンジして、
徹底的にメモるんです。

しかも、
行間はぜいたくに空け、
文字を大きめに書くのもポイントです。


見た目の綺麗さより、
読みやすさを重視するんですね。(^^)


先生が言った、

  • 重要な語句
  • その教科に関する面白いストーリー
  • 図や絵
  • グラフ
  • 因果関係
  • 裏話やエピソード

もしくは、

  • 他の用語とリンクしている話

など




重要な単語や用語についての知識
特にエピソード関係は、最高です(^^)



あとで読み返すと、
その授業の様子・内容がくっきり、はっきり
思い起こせます。





別に、先生が面白い事を言わなくてもいいんです。

「先生、昨日飲み過ぎたんとちゃうんか?」とか
「ネクタイの趣味が変わったなぁ・・・女か?」とか www





関係ない、自分が気がついた事でもいいんです♪

その日の状況がはっきりと思い起こせる
ポイントを自分で脚色して、

面白おかしく書いておくのがポイント♪






その講義や単語を強烈に印象づける事
メモるんですね♪





最初は、むちゃくちゃ大変でしんどいですが、
先生達の話し方にはそれぞれ
パターンがあるんです。

それさえ飲み込んでしまえば、

メモるのは簡単♪(^^)

だんだん、コツがわかってきます。

授業
先生のよって話し方は違いますが、



特にチェックするポイントはココ

接続詞に注目


根拠 なぜなら

結論 すなわち、要するに、つまり

逆説 しかし、ところが、

接続詞のあとに、重要な説明が入る事が多いんで、
最初どうしたら、わからないなら、

この接続詞だけに着目して、

先生の話を聞きましょう。






自分流にアレンジしたメモの取り方:ex

      板書も、自分が「ポイントだな・・・」と感じた部分だけ、

    1. 箇条書きに書き換える。


    2. 先生が単語だけ書き連ねているなら、

    3. 単語を表にまとめて書いてみる


    4. あとは、自分のわからないところとか、
      先生の言い方で、気になったところとかを

    5. 吹き出し風に書いてみる

など

とにかく自分なりのアレンジを加える事が重要!

最初は、わからないから、
アレンジの仕方もぐちゃぐちゃなんですが、 …(((;^^)
書いていくうちに、自分のクセというか、

法則がわかってきます。



先生の話が一区切りついたら、
その合間に
自分が書いた重要語句を

色ペンで、マーキングたり、

矢印をつけたりして、関連づけていくんですね♪




スポンサーリンク





自分の感想や疑問点は余白に書いていく




私は、先生の話をメモりながら、
色ペンで、

「それどういう意味?」
「〇〇とは?」
「あとで調べよう!」
「なんでやねん」

とわからない箇所を、自分の言葉で色ペンを使ってメモっていました。


最初から、授業内容がわかってるなんて
「ありえない」んです。

要するに
わからないところ明確にする
というところが重要なポイントになるという事。

私は、1ページを図のように三分割して、
真ん中に先生の話した内容を箇条書きにしていく

左右の余白に
自分のわからないところをどんどんメモって行く
という方法で

高速でノートを取って行きました。(^^)

機械的なルーチンワークでなく、
自分で考えながら、
自分のノートを作成していく、という心構えが大事なんですね♪
(゚ー゚)(。_。)

キャプチャ















教科書を音読する




先生ってものすごく早口で、
メモって行くのが、大変なんだよぉ!!!






ってあなたの声が聞こえてきそうですね(>人<;)www。 確かに、 聞いているのさえ、苦痛な先生も居るには居る。(゚ー゚)(。_。) それでも、 授業を面白くする方法はあるんです♪ [br num="5"] その秘策。 読む

あらかじめ、
教科書を徹底的に音読する事!




私は、先生が嫌いだったんで、せめて、
講義を聞く前に、

授業内容を予測しておこうと決めたんです。
www




黙読でもいいんですが、
私は黙読している間に、別の事を考え出すんで(>人<;)

完全に本に集中しようと、
歩きながら、徹底的に音読していきました。

これって、考えてる以上に
自分の記憶に残ります。

いわゆる予習になるんですが、

これをやっておくと、
予習した事に沿って授業が進んでいってくれるんで、
メモるのが、本当に楽になりました。
www(。☉౪ ⊙。)





終わりに

自分でアレンジしたノートを取れるようになったとたん、
授業が終わった時に、

「授業中に内容が全部覚えられる♪」

という快感を覚えられるようになり、

難関と呼ばれる志望校にも
楽勝で合格する事ができました♪





しかも、
これをしっかり習得したことによって、
大人になってから、勉強する時も
苦労する事なく、楽しくできるようになり、

毎日が快適に過ごせるようになったんです。

諦めないで!!!

絶対にできますから♪(´▽`*)

自分を尊敬できる人になって、
人生の成功者になりましょう♪イェイ!!

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ