スーパームーン・・・。2015年はいつだろう?

この呼び方が、ものすごく印象的で、私は毎回、
この日がやってくると、
月をじーーーーーーっと見上げています。(^^)



とにかく、神秘的なんですよね!!!


月は見た目の美しさはもちろんですが、

月の引力は、私達が考えている以上に、
私達の身体に影響を与えているものだ、という事は、

昔からよく言われています。


満月の日には、サンゴが大量に産卵しますし、



人間の自律神経にも影響が強くなるとか・・・・。



月の引力が、なんらかの形で私達に影響を与えるいるとするなら、
2015年も、月の影響が受けられそうな

スーパームーンをじっくり、鑑賞したいですよね♪





2015年のスーパームーン。
いつみられるのか?

手元にあるスマホで、
かっこいい写真を撮りたい!
その撮影のポイントはどこか?

月のエネルギーを享受するにはどんな見方をすれば
いいのか?



興味のある方はぜひどうぞ♪

それでは、いってみましょう~(´▽`v)



スポンサーリンク



スーパームーンとは?



スーパームーン(Supermoon)とは、
満月または新月と、
楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、
地球から見た月の円盤が最大に見えることである。

天文学的に外からの視点で説明すると、
太陽-地球-月系において、
月が地球に対する近点(近地点)にあると同時に、
太陽と地球に対し月が衝(望)となった時の月のこと、である。

「スーパームーン」という用語は、
天文学ではなく、占星術に由来する。
月は地球の潮汐に関与しているため、
スーパームーンによって
地震や火山噴火の危険が高まるとの主張もあるが、それを示す証拠はない。

引用:Wikpedia



月が地球の周りをまわる公転軌道は、
真ん丸ではなく、



真ん丸なのではなく、
わずかばかりですが、
楕円になっているんですね。
(^^)



地球と月との距離は、
約35万~38万キロメートル

月が最も、近い位置に居る距離と、遠い位置に居る距離の差が
5万キロメートルという事なので、

見た目で、だいたい
13%~14%程度の差が生じているという事になります。

つまり、
月と地球は1か月周期で、
近くなったり、遠くなったりしていて、

一番遠くなった時より、近くなった時の方が
13%~14%だけ大きく見えるという事。

しかも、
明るさも30%増し。(。☉౪ ⊙。)

私も、「スーパームーン」という言葉が言われ始めてから、
毎回、見ていますが、

確かに、大きくて、

月面がいつより、はっきり見えるので、

双眼鏡を持ってきて、月のクレーターなんかを

じっくり観察しています♪


今年2015年は、9月28日との事。

しかも、

2015年の9月の27日が、中秋の名月という事で、

今年のお月見は、本当に楽しみです♪





さて、こんな楽しみなスーパームーン。
できれば、手元にあるスマホで、

見事な撮影をして、
家族・友人・知人を驚かせましょう♪


スマホのカメラ機能は、本当に良くなって、

小型のデジカメと並んでいると言っても
言い過ぎじゃない!デス。

(私も、愛娘の撮影は、ほぼ100%スマホで行っていますwww)

さすがに、一眼レフとかと比べると
かなり苦しいですが、

手元のスマホで簡単に撮れる撮影方法をご紹介しちゃいますねっ
(。☉౪ ⊙。)

スポンサーリンク


スーパームーンの撮影方法

さぁー。
私達がさっぱりわからない、スマホでの撮影方法。
( ̄_ ̄ i)

私なりに、何回か失敗して、
それでも、

「こうやったら、うまく撮影できる!」って
方法を見つけたので、

それを公開しちゃいますね♪






スーパームーン撮影方法



ややこしい事はしたくない!!
オート撮影で、撮る場合。

aikon-2 比較的明るい時間帯に撮影する。


    カメラの設定って、
    何がなんだか、わからなくてややこしい!!
    って人は、

    スマホで最初に設定してある「オート」
    で風景と一緒に比較的明るい時間帯に撮影しましょう …(((;^^)

    月自体は、そんなに大きく撮影できませんが、
    風景と一緒に、構図を考えて撮影すると、

    これがなかなか・・・
    見応えのある作品になります♪


月を大きく撮りたい!


やっぱり、スーパーというくらいだから、
月をメインに大きく撮りたい!!

というあなた。

ちょっと難しいですが、
撮れない事はありません。(^^)






スマホの設定を「オート」から「マニュアル」に変えてみましょう♪





aikon-2 HDRモードをオンにする

    簡単にいえば、
    より肉眼で見た風景に近い写真が撮影できる機能です。
    最初は、あまり効果が感じられなかったのですが、

    何枚も撮影していくうちに、
    画像が、より自然にくっきり。

    逆光気味の写真は、白飛びせずに、
    撮れますし、

    出来上がった画像がよりナチュラルに見えます。

aikon-2 ISOを高い数値にする

    ISO感度を高くするメリットは、
    暗い場所でも、綺麗な明るさの写真を撮れる事。

    もうひとつは、シャッタースピードが速くなるので、
    「手ブレ」を防止できることです。

    スーパームーンを撮るにあたって、
    できるなら、三脚等、動かない様に、固定するのが
    望ましいのですが、

    スマホの場合は、なかなか、難しい・・・( ̄_ ̄ i)

    脇をしめてしっかりスマホを固定し、
    ISO感度を200くらいに設定して撮影すると、

    結構、綺麗に撮れます♪




aikon-2 スマホのアプリを使う

    もともと、スマホに備わっている機能だけだと、
    出来がイマイチ。

    できるなら、一眼レフに負けずと劣らない、
    素晴らしいスーパームーンを撮影したい!!!

    というあなたには、

    このアプリがオススメ♪

    夜撮カメラ

    このアプリ。

    「バルブモード」という優秀な機能がついていて、

    シャッターを開いて、
    撮像素子又は、フィルムがレンズを通して光にさらされる時間を長くして
    光を取り込む役割を果たしています。



    馴れると、アプリを使う方が楽なので、
    チャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね♪
    (´▽`v)



満月の時の人体への影響



自然界にあるものは、
私達を含めて、ある一定のリズムで変化しています。

私達は、当たり前のこととして、

特に意識せず生活していますが、

月の引力が、潮の満ち引きや、サンゴの産卵などに

少なからず、影響を与えている事は、

よく言われています。

(逆に、水族館などにあるサンゴなどは、
全く影響を受けないそうですね!)



この自然界で、遭遇できる

巨大化した月を鑑賞できるチャンス!

できるだけ、全身でそのパワーを享受したいもの
(゚ー゚)(。_。)

具体的にどうすればいいんでしょう???

それは、本当に簡単なんです。(´▽`*)







私には、霊感の強い、知人がいるんですが、

彼女曰く、とにかく
「長い間見て、感動する事よ!」との事。

できるだけ、長い時間、スーパームーンを見続けて、
月光を浴びながら、鑑賞する事。

こうすれば金運がアップする、
仕事運が巡ってくると、言われていますが、

なんだかんだ、ややこしい事を考えて鑑賞するより、

もう、素直に、その美しさを楽しんで、
「ありがとうございます!!」と自然の神様に伝えているだけで、

もう十分、パワーを享受できるんだそうです。

私達のわずかばかりの人生経験より、
お月様のパワーは、はるかに雄大です。

私達を包み込むような、優しい月光に包まれながら、
家族で、恋人同士で、ゆっくりと鑑賞してくださいね♪

スポンサーリンク




関連記事はこちら