出雲って神話の国!出雲大社とか日御碕神社は
何のご利益があるの??

ご利益のあるお守りは?

出雲って私達が考えてる以上に、
ものすごい力のある神の国・・・。

出雲大社

オオクニヌシノミコトを祀る出雲大社って、
ものすごいパワースポットのような気がする・・・。


わかります!わかります!!(。☉౪ ⊙。)



出雲って、神の国と言われていますし、
行くだけで何かのパワーをもらえる気がします!



私は霊感なんて全くないし、
神様のメッセージも、聞けた事がありません。
(T_T)




それでも、今回、

出雲にある稲佐の浜・日御碕神社・出雲大社・
のパワースポットを訪れて、

神様に「歓迎されてる♪」ような気持ちになれて

ものすごく幸せな気分を満喫できました(*^-‘)b





これはあくまで感覚なので、
言葉にするのが難しいのですが、

出雲大社・日御碕神社で、
ご利益のあるお守りもしっかりゲットしたんですよ!





それでは、
出雲のパワースポット巡り。

ご紹介しちゃいます~(^^)




スポンサーリンク





稲佐の浜:弁天島




出雲でまずはじめに訪れたのはココ♪

弁天島


稲佐の浜です(^^)




ここは、旧暦10月の神在月に、
全国にある、八百万の神々をお迎えする浜という事で、

かなり神秘的な浜をイメージしていたのですが、
実際は・・・・。




写真の弁天島のたもとまで、

サーファーさん達が、
サーフボードを持って歩みよっていて、

かなり、庶民的な雰囲気。


「あれ?」って感じ。
( ̄- ̄;)





というのも、

昭和60年前後までは、

島の前まで波が打ち寄せて、

そばまで近寄れなかったのが、
近年急速に、砂浜が広がったため、

現在では島のたもとまで歩いて行けるようになってるんです。
…(((;^^)


だから、

あまりありがたみが、感じられなくなっているという事も
あると思うんですけどね。





それでも、
地元の住民さんたちは、

毎月1日の日の早朝、
稲佐の浜で海水を汲み、
それを、出雲大社、荒神社に奉納しているそうです。





なぜなら、
古代、アマテラスオオミカミ(天照大神)より、
国譲りの使命を受けたタケミカヅチ(建御雷神)が

オオクニヌシノミコト(大国主神)と対面した場所
という事で、かなり神聖な場所であるという事なんですね。


私達家族も、弁天島のたもとまで行って
手を合わせ、

海水を手にとって、
私のほお、娘の頭を

「ぺたぺた♪」としました。

width="300"



すぐに、移動したかったんだけど、
娘がしばらく浜辺を走り回っていたので、

私達夫婦も、そのまましばらく娘を放置。
www。

稲佐の浜で、ゆっくり
パワーを充電できました(*^-‘)b







スポンサーリンク





日御碕神社(ひのみさきじんじゃ):お砂守り




稲佐の浜から、車で15分くらい、海岸線を北上すると
日御碕神社があります♪

SONY DSC

こちらには、
「日沈の宮」(ひしずみのみや)と「神の宮」があり、

日沈の宮は、海の神様なんだそう。

普段は日御碕の沖、100メートルにある
経島(ふみしま)と呼ばれる無人島にいらっしゃるそうす。
(^^)

しかしながら、

この島は日御碕神社の神域として
神職以外の人間は、一切の立入りが禁止されており、

年に一度、
8月7日の例祭の時だけ、

宮司だけが渡ることができるとのこと。

私みたいな一般庶民は
「お話はできないのかなぁ・・・」ヾ(;´▽`A“と
思って、

こちらに来た、私の真の目的。

日御碕神社のお稲荷さんを探しました。

なんで、お稲荷さんなのか?




そもそも、

今回私が出雲に来たのには、
この本を読んだから、なんです♪

ひっそりとスピリチュアルしています

こちらに、出雲の詳細が書かれていて、
日御碕神社のお稲荷さんの事が書かれていたんですね♪



とても、微笑ましい書き方をされていたので、
「行ってみよう!!」と思っていたという訳。
(^^)

日御碕神社の中を、きょろきょろしながら
歩き回っていると・・・・





ありましたよ♪ありました!!(^^)







お稲荷














お稲荷さんが!!!

本当に、神社の奥に行かないと、
存在に気がつかないし、

日御碕神社に参拝に来られた方は、
「あ・・・お稲荷さんや、ついでに手合わせとくか・・・」

というノリで、願い事をするだけ、なんでしょうね。( ̄_ ̄ i)





ところが、このお稲荷さん。

実は、参拝される方をじっくり観察なさっているようで、
失礼な事をする参拝者は、

完全に無視されているようですが、

丁寧に、あいさつをしたり、話しかけたりすると、
きっちり聞いてくれるようなのです。

そこで、


私も鳥居の前で、
「遠方から来ました〇〇〇〇と申します。
この度、こちらに伺ったのは、

桜井識子さんの本を読んだからです」




ときっちりご挨拶してから、
失礼の無いように、心がけて参拝させていただきました。



「遠方なので、
そんなにしょっちゅうは
参拝できないと思います。申し訳ございません・・・」




とも。


すると・・・・。

本当にビックリしたんですけど、

なんだか、ものすごく優しい「ふわぁ~~~♪」とした
オーラを感じたというか、
「よく来たね・・・♪と言われているような気がして、

幸せ感一杯になったんです(^^)


お稲荷さんの声も、眷属の声も、
一切聞えなかったんですが、

境内で、突然、神楽が始まったのにもビックリ!!

桜井さんによると、
神社に行った際、神楽などが始まった場合は、

神様がその参拝者を歓迎している、という意味なんだそうで、
まぁ、これは、私の思い込みなのかもしれませんが、www、

本当に、うれしかったです。(´▽`*)






日御碕神社:砂のお守り






そして、もうひとつ。

私がこちらで、購入したかった物がコレなんです。

日御碕神社:お砂守り

ひと呼んで
「御神砂守」(よ・・・読み方がわからない!!!(T_T)すみません!!)



こちらは、日御碕神社の境内の砂だそうで、
これを購入するという事は、神様に呼ばれて、この神社に来た
という事になるのだそう。


しかも、



このお守りは最強の厄除けになるそうで、

「何かあったときは、この砂を触ってくださいね」

と社務所の方に言われました。

1つ500円ですが、
「砂守りありますか?」と声をかけないと、
出してもらえません …(((;^^)


「お守りは1年経ったら、
(神社に)返さないといけないんでしょうか?」
と聞くと、

「いえいえ。ずっとお持ちになっていただいて大丈夫です」
とのこと(^^)



なんだか、うれしかったデス♪



社務所の方に声をかけると、すぐに出していただけるので、
行った時はぜひ、購入してみてくださいね♪










出雲大社:お守り

さて、

結構、あちこち連れまわして、
娘もぐったり疲れたろうな・・・ヾ(;´▽`A“

と思っていたら、
車から、飛び降りて、スキップする娘♪






さすが!!!神様のパワーはスゴイ!
と感銘を受けつつ、

最後に向かったのは、
出雲大社♪



出雲大社 (2)

日御碕神社から、車で、海岸線を南下して、
20分くらいです。


出雲大社というと、2013年60年ぶりの遷宮という訳で、
注目度も高く、

私も、NHKで出雲大社とはどういう神社なのか、
祀られているオオクニヌシはどういう存在なのか、
放映された番組を見て心から感銘を受けました。
(^^)

心優しく、恐ろしいぐらいの力のあるオオクニヌシ。




相当怖い、「祟る(たたる)」という言葉が使われるくらい、
何があるかわからないとされていた出雲の神様。

それが一体、どんな存在なのか、
具体的に体感できなかったんだけど、


先に行った日御碕神社と

まったく違う、「凛とした」オーラを感じました。
(゚ー゚)(。_。)。

日御碕神社で、私が感じたのは、
(そちらのお稲荷さんのオーラだったかもしれないですが)




ものすごく優しい雰囲気だったんですが、

こちらは、ちょっと厳しい感じ。
ヾ(;´▽`A‘‘

オオクニヌシを祀る神社は

全国で7000社あまりあるそうですが、

それだけの力のある神様という事で、

日本で認識されている神様なんだろうな・・・と思いました。

御神座











本殿内部はこんな感じになっているそうです。

ご神体は、どんな物かは、謎。( ̄- ̄;)


しかし、御神座に鎮座(ちんざ)する
ご神体は、参拝者側が向かう、正面を向いているのではなく、

死者の魂が眠るとされる「西」を向いているそうです。



そういえば、

ひそスピ(ひっそりとスピリチュアルのこと(^^)」
の桜井さんは、

出雲大社で、神の声が聴けるスポットは、
本殿の裏と、西側と書いていらっしゃいました。


おぉーさすが!!!www



そんなわけで。

ぐずる子供を必死であやす主人を背後において、
(ごめんなさーい!!)

私がぜひとも欲しかったお守りをまず、購入し、



出雲大社:お守り
















(左側:生弓生矢 右側:幸せの鈴



これらをしっかり抱きしめて、



「出雲の神様。
どうか、このお守りに魂を入れてください!!」




と強くお願いしながら、

本殿の裏に回ってみました♪







本殿裏
















み・・・みなさん。これが・・・これが・・・

ご神体が鎮座している本殿です!!
(。☉౪ ⊙。)





写真は撮ってもいいかなぁ~と若干心配でしたが、

他の方々も、バシバシ!!シャッターをきっており、
お参りもされていたので、

私も、こちらで、しっかりお参りをさせていただきました♪





そのあと、

本殿の西側に回って、
正面で待っている夫と娘と合流しましたが、


私、




忘れてたんです!!!





ご神体は、西側を向かれている、という事を!!!
(゚◇゚;)






西側に回った際、正面を向いたご神体と
もしかしたら、お話できたかもしれないのに・・・・。




あちゃーーーー!!!
と思ったときは、すでに遅し、







ご神体に話しかけるのは、
また、こちらを参拝させていただく時、
という事で、今回は、帰宅いたしました。
www






お守りの効果は?



さて、
私の家には、1Fに形ばかりの神棚があるので、
買ってきた生弓生矢を神棚に飾りました。

効果?

これがねぇ~・・・・。
スゴイんです。

何がって???

神棚には、いつも榊を飾っているんですが、
夏場は特に、1週間あまり経つと、

枯れてくるんです。( ̄- ̄;)





ところが、この生弓生矢を飾ったところ、
榊が、青々と葉を茂らせて、

枯れずに
「伸びる」感じで、今も、成長し続けています。






そして、



日御碕神社のお砂守りは、

最近、体調がイマイチだった母に、渡したんです♪
すると、

今まで杖を突かないと歩けなかった母が、
最近は、杖なしで、
保育所まで、私と共に、娘を送れるようになりました。
(^^)

毎日、お守りに手を合わせて、
神様とお話しようと思います♪


終わりに




私には、身体障害者で寝たきりの兄と
昨年、大腸がんで手術して、

今も療養中の母と同居しています。

何回か、ヤバイ!!

と感じる状況に遭遇しながら、
いつも、それを免れてきたんです。


だから、

見えないけれど、
何かが私達を守ってくれている
という気持ちが強いんですね。







まだ、私には、神様の声も、眷属の姿も見えません。
それでも、「有る」と信じて、

これからも積極的に神社・仏閣を参拝していこうと
思っています。

神様は、私達をいつも、
見守ってくれているんですね♪

スポンサーリンク




関連記事はこちら