さてさて。

素晴らしい絶景ポイントがたくさんある串本!

訪れたら、串本海中公園はもとより、
さまざまな観光スポットがあります♪

私も家族と一緒に、大阪から日帰りで
行ったのですが、

(車で早朝家を出て、帰宅したのは深夜でした(; ̄ー ̄A)

串本海中公園に行ったあと、

高速で(忙しかった~!ゆっくり鑑賞は無理でした)
それらのスポットを鑑賞してきました。

時間が許すなら、ぜひ、これらの観光スポットをゆっくり
訪れて、串本の魅力を満喫してくださいね。

観光の際の目安にしていただけるとうれしいです♪

それでは

串本の観光スポット♪ご紹介しちゃいまーす(*´∇`*)

スポンサーリンク






潮岬灯台

                       

SONY DSC
                        ↑
                      クリックすると大きくなります♪

串本海中公園から車で17分の所にあります。
こちらは、参観灯台(さんかんとうだい)と言われる灯台で

灯台にらせん階段を登って、登れる灯台になってるんです♪
「登れる!」と知って(関西のローカル番組で、レポートされてたんです♪)


らせん階段を登ってきました。


こんな感じです。

SONY DSC

途中でこんな表示が・・・ (;´д`)

SONY DSC

68段の階段というと、「まぁ、たいしたことないや♪」と
軽く考えていたんですが、

この表示の「・・・」が示す通り、
結構、キツイです+゜(゜´Д`゜)゜+

頂上までたどり着くとヒザが笑っていました。

若い人ならなんら問題ないでしょうが、年配の方や小さいお子さんは、
サポートが必要です!!

危ないですからね。


(4歳の娘は登りは全く問題なく、とんとんと登りましたが、
下りは、かなり怖かったらしく、結局、主人が抱いて降りてきました)

そして、

灯台から見える景色がコレ!!

SONY DSC
                       





SONY DSC
                        ↑
                      クリックすると大きくなります♪





SONY DSC
                       
素晴らしい!!本当に登りごたえがありました♪

夕暮れ時は、最高だろうな・・・と思いましたね。

ちなみに
参観灯台というものは

海上保安庁から委託を受けて、主に、社団法人燈光会が、
有料で参観事業を行っており、

参観料は一律200円なんだそうです。

[colored_box color=”light‐gray” corner=”r”]潮岬灯台

〒649-3502
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2877
TEL:0735-62-0141[/colored_box]



スポンサーリンク






潮岬観光タワー

串本観光タワー
                       

天気が良ければ、
ここは穴場!でしょうねwww。

営業時間は8:30~16:00まで。
駐車場は無料です♪

潮岬灯台から車で1分。歩くと約10分くらいでしょうか。

なぜ、穴場かというと、
2階にレストランがあるのですが、

ここで、近代の養殖マグロを食べられるんです♪www(๑¯◡¯๑)

安くはないですけど。

串本産近大クロマグロ、養殖ですが、脂がのってなかなか美味なようです。

また勝浦産のキハダマグロやクジラもメニューにありました♪

こちらのまぐろバーガーが、オススメかも。

クサミも無く、なかなかおいしいんですよo(@^◇^@)o

しかも、

こちらのタワーの近所に潮岬キャンプ場があって、
私達が行った時も、たくさんのテントが設営されてました。

テント

アウトドアが好きな方は、ぜひこちらでキャンプして、

串本をゆっくり観光すると良いかもしれませんよ(๑¯◡¯๑)

[colored_box color=”light‐gray” corner=”r”]潮岬観光タワー

〒649-3502
和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26
TEL:0735-62-0810

潮岬キャンプ場
TEL:0735-62-0555
[/colored_box]



紀伊大島 海金剛・樫野崎灯台



串本海中公園から車で約30分。
時間があれば、トルコ記念館も行けたのでしょうが、

今回は、夕方ギリギリだったので、 …(((;^^)

眺望だけ楽しみに、紀伊大島の海金剛と樫野崎の灯台
鑑賞してきました。

紀伊大島は、1999年に開通したくしもと大橋で結ばれています。

それまでは、巡航船やフェリーでしか、渡れなかったそう。
(今は廃船になっています)

広さは、面積 約9.68km2、周囲28km
人工は約2,000人という非常にこじんまりとした島で、

ウメイロ、チャリコ、チヌ、メバル、グレ、ガシラというお魚が釣れる
(名前だけだとどんな魚か、さっぱりわかりませんが・・・(; ̄ー ̄A)

釣りを楽しめる大島港があり、
こちらは、ファミリー向けだそうです。




また、ダイビングをされる方は、
島の南に数々のダイビングスポットもあるようですよ♪

さて、海金剛と樫野崎灯台ですが、
くしもと大橋を渡って約10分少々で、一直線に島を横断する形になります。

橋杭岩と同じく、

こんな形に岩はどうやってできたんだろう?

と思うような奇岩が並んでいます。

岩場に渡って釣りをされている方も、ポツポツいらっしゃいました。
しかも、クライミングをされる方もいるそうですね。(; ̄ー ̄A

樫野崎灯台は、

日本最初の石造灯台、回転式閃光灯台という事で、先ほどの潮岬灯台に比べると
かなりこじんまりとした、小さい灯台です。

灯台の中には入れませんが、外の螺旋階段から灯台上に登れるので、
そこから、串本の海をずーっと先まで見渡せます。

できれば、ゆっくり時間を取って、こうした景観を味わってみたい・・・

そう感じさせてくれる灯台でした。

まとめ



今回は、串本海中公園にはじまって、
潮岬灯台・潮岬観光タワー・大島とあわただしく移動しましたが、
それでも、串本の素晴らしい景観を満喫できて、本当に楽しかったです。

白浜から、串本までは、ずっと海沿いを車で走って行くので、
このシーサイドルートが最高なんですよね~!o(@^◇^@)o

私も白浜・串本・那智勝浦に行くたび、
この道を走るので、毎回、楽しみにしてるんです♪

途中、岩場に降りて遊んでいる親子も見かけました。

岩場には、サワガニとか、ウニなんかも見つけられるようで、
子供は大喜びですね(´▽`v)

串本海中公園も、
磯に降りるスペースがあるので、
時間がある時はぜひ子どもと一緒に降りてみると良い思い出が作れると思います。

あぁ~!串本(*´∇`*)もう一度行きたい!と思わせる素晴らしい所です。

「串本海中公園のレビュー♪割引・セット入場券はコレ!」



 

スポンサーリンク




関連記事はこちら