豆乳の効果的な飲み方とは?美肌に効果あり♪

最近、豆乳を毎朝コップ一杯
飲み始めたんです。

美肌

なぜかって?

お肌の曲がり角を、太古の昔に過ぎた私。

肌の荒れが日々激しくなってきて
足なんか、白い粉をふくというひどい状態だったんですよ。
(滝涙)

だから、という訳ではないんですが、

「豆乳が美肌に効果がある」という事を
メディアで知り、

さっそく実行し始めたんです。

今は、まだ始めてから1か月くらいしか経っていないので
これと言って実感は薄いのですが、

朝、洗顔するとき、ほんの少しですが、
しっとりしているような気がしてきました♪^^

豆乳の効果と飲み方調べてみましたよ~ん。

スポンサーリンク



この栄養素が美肌に効く

・大豆イソフボン

豆乳には、今最も話題の「大豆イソフラボン」が含まれています^^。

「大豆イソフラボン」というのは、
体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするんですね。

大豆

じゃぁ、エストロゲンというのはどんな働きをしているのか、

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも言われており、
女性の一生のうち、わずかスプーン2杯くらいの分泌量なんです。

ところが、
このエストロゲン、

月経の周期に関わったり、妊娠、出産にも影響し、
骨粗鬆症を予防たり、
胸を大きくしたり、肌を美しくしたり、^^

いわゆる
女性ホルモンが関連する症状に、非常に効果があるといわれているんですね。

もとから少ないのに、
40代を超えると、このエストロゲンの分泌量が減り、
ホルモンのバランスも崩れるとのこと(T_T)

これを補えるのが「大豆イソフラボン」なら、
ぜひとも、積極的に摂った方がいいに決まってますよね!

・豊富なビタミンとコラーゲン・ヒアルロン酸の生成

豆乳には
ビタミンB1、B2、B6、ビタミンEが含まれており、
特にビタミンEに関しては、抗酸化作用が高いので、

悪影響を与える紫外線から、肌を守ってくれるんですね。

さらに、
角質の水分量を増やし、肌の保湿力を強化させる作用もあるとのこと。
コラーゲンやヒアルロン酸の生成も促してくれるのなら、

サプリメントで摂るより、
豆乳を飲む方が健康的で効率的な気がしませんか?www。
(サプリより、安いですしね)

また、豆乳に含まれる大豆たんぱく質、サポニンには、
血中コレステロールの吸収を抑制し、低下させる効果
あるんだそう。

他に含まれる栄養は

8種類すべての必須アミノ酸・レシチン・
不飽和脂肪酸・リノール酸・鉄分・カリウム
マグネシウムなど。

美肌はもちろんのこと。
40代の女性の健康維持には、欠かせない成分がビッシリ詰まっているというのですから
毎日、ぜひとも飲んだ方が良い、健康飲料というわけですね。

豆乳の効果的な飲み方

豆乳には、
無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の3種類があります。

大豆を絞って、そのままの栄養価が含まれているのは
やはり、「無調整」

大豆サポニンには、
脂質・糖質の吸収を抑える効果と
満腹中枢を刺激し、食欲を抑える働きがあるとの事なので、

できれば、
朝、朝食を食べる前に、無調整豆乳を飲むと、
大豆の栄養をそのまま吸収でき、

しかも、食欲が抑えられるので、
食べ過ぎも防止できますよね♪

私は、もちろん、無調整を飲んでいますが、
これはちょっと工夫がいります。

正直言って、おいしくないからです^^;

だから

飲む場合は、
バナナと豆乳を合せてスムージーにしたり
すると飲みやすいです^^

なかなかおいしいですよ♪

↑豆乳バナナ+コラーゲン、スムージーの作り方です。
参考にしてみてくださいね♪

また
夜には、睡眠中にダメージを受けたお肌や筋肉が修復されるんだそうです。
だから、寝ている間に、大豆イソフラボンの作用が期待できるとすると
(コラーゲン・ヒアルロン酸の生成を促し、肌の保湿力をアップする)

ぜひ、夜、寝る前にも飲んで見て下さい^^。

無調整をそのまま飲むのが、抵抗ある、という場合は
調味料として使ってみるといいと思います。

パンを焼くときは、牛乳の代わりに豆乳を使いますし、
牛乳を料理に使う時に、豆乳で代用しているんです♪

これだと無理しないで豆乳を接種できますよね♪

どうしても、無調整に抵抗がある、というなら
調整豆乳や豆乳飲料ならおいしく飲めます。

創意工夫して、おいしく栄養を摂取しましょう~


まず、飲む事に馴れていき、
最終的に、大豆の栄養を丸ごと接種できる
無調整豆乳で、アンチエイジング♪美肌を目指しましょっ^^。

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ