加齢臭対策で超改善!臭いを消す7つのワザとは?

さーて。加齢臭!

原因はわかったので、いよいよ加齢臭の対策を大公開しちゃいます♪



実はこの対策はすでに、
私のママ友のダンナさんと旧友は実践済み♪

私が勧めてから、
おおよそ半年。

彼らの状況は、程度の差はありますがwww
見事に改善されたんですよぉ~

パパと娘 (1)




そりゃ、そーですよねぇ
(; ̄ー ̄A

だって家族に
「くさい!!」

と絶叫されて嫌われているんだもん。(T_T)

愛する娘や妻にも嫌われたら絶望的ですっっ!!



加齢臭を撃退して、
末永く、家族に恋人に愛していただきましょう♪(´▽`v)




スポンサーリンク



加齢臭の対策

まず、加齢臭の原因は、ノネナールという物質でした。



ノネナールを作る過酸化脂質は、活性酸素が増えると増加するんですよね。



この厄介な活性酸素、
日頃の生活習慣で、増えたり、減ったりすんです┐(‘~`;)┌



匂うからという事で消臭スプレーを使ったり、お風呂で使うボディソープを
変えたりという手もあるにはありますが、

パパと娘 (2)



あったとしてもこれはあくまで一時しのぎ
(一応、紹介しています♪)




まずは、自分の生活習慣を改めるという意気込みを持って
加齢臭を撃退しましょう♪



加齢臭を撃退!体質改善メニュー

    1. 肉類を控える
    2. 香辛料・カレー粉など
      匂いのキツイ食品は控える
    3. 喫煙・飲酒を避ける
    4. 野菜中心の食生活
    5. 発酵食品を摂る
    6. 海藻を食べる
    7. リンゴ酢を摂る




1.肉類を控える(脂っぽいものを控える)


肉汁のしたたり落ちるステーキ♪表面がかりっとした鶏のから揚げ!
おいしいですよねぇ~

気がつくと、毎日のように食べてしまっていませんか?┐(‘~`;)┌

特に外で仕事をしていて、外食ばかりだったりすると
完全に、「肉食生活」になってしまいます。

これがヤバイんです!(*`Д´)ノ!!!

通常、摂取した脂質は腸内で分解されるんですが、
分解されなかった脂質は肝臓で解毒されます。

その代謝過程で、活性酸素が発生しちゃうんですね(>人<;)

「食べるな!」とは言いません。量を控える事が肝心なんですね♪





スポンサーリンク






2.香辛料・カレー粉など匂いのキツイ食品は控える


タバスコやハーブ・カレー粉などは
油分が汗に溶け込んでいるため、加齢臭を発生させます。

極力避けた方がいいでしょう!

逆に、香辛料でも、しょうがやわさび、山椒などは抗酸化作用が認められ、
老化防止にも効果があるので、

これらはOK(´▽`v)

要は西洋のものか、アジアのものか、で分けられるような気がします。




3.喫煙・飲酒を控える


喫煙は「百害あって一利なし」とよく言われます!

体内に取り込まれた煙は、異物を見なされ、
活性酸素を作り出すんですね。

お酒に含まれるアルコールは、
代謝されるとアルデヒドや酢酸といった強烈なニオイ物質に変わります。

「飲むな!」とはいいませんが、控えめにした方が無難であるのは
言う間でもありませんね(; ̄ー ̄A




4.野菜中心の生活


ピーマン、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、
春菊、さやえんどう、ブロッコリー、芽キャベツ、
しそ、にら、わけぎ、パセリ、トマト、ししとう、
などの緑黄色野菜は
加齢臭などの体臭の原因となる余分な脂肪を包み込んで排出する働きがあります。

また、ビタミンCやEを含む野菜群は、
脂肪酸の酸化を防ぎ老化を防止する働きもあるんです。

食物繊維も取れ、便通をよくするのにも効果的ですね(*^-‘)b


5.発酵食品を摂る


納豆、ぬか漬け、鰹節、ミソ、ヨーグルト、
チーズ、醤油、魚醤、押し寿司、醤油などの
発酵食品は、大量の酵素が含まれています。

酵素はもともと身体の中にあるもので、
食べ物の消化や吸収を助ける働きをするのはもとより、

活性酸素をブロックする働きもあるので、
加齢臭の発生を抑える事になるんですね。


6.海藻を食べる


海藻のねばねばした成分はフコイダンと呼ばれます。
フコイダンは悪臭成分を包み込み、体外へと排泄する手助けをするんですね。




7.リンゴ酢を摂る


加齢臭は体にあるアポクリン腺からの強烈な匂いになるのです。

この臭いの元となるアポタンパクという物質を、
りんごの繊維質が減少させ、消臭効果が期待できるのです。

また、他にも酢には血液をサラサラにしたり
血糖値を下げる作用もあるので、
ぜひ、積極的に摂りたい食材ですね!(´▽`v)




リンゴ酢の作り方

材料

  • 米酢・黒酢・黒糖酢などお好みの酢  300ml
  • 氷砂糖・三温糖・ざらめ・黒砂糖など  500g~700g
  • リンゴ  約900g(約4個)

広口ふた付きの瓶を用意する。

作り方

    1. 保存用の瓶は最初によく洗ってください。
    2. 消毒用に、酢を50ccほど入れ、
      そのまま、その酢は捨てる。(分量外)

    3. リンゴは皮をむいて芯を取って1/4にカット。
    4. 瓶に酢を半分ほど入れ、その上からリンゴと砂糖を投入。
    5. フタをしてよく振る。
    6. 酢を瓶が一杯になるまで入れる。
    7. 冷暗所に保管。
    8. 3週間~1か月ほどおいておく。
    9. 酢の色が茶色くなったら完成♪





※ 出来上がったリンゴ酢は、そのままお水やお湯で割って飲んだり、
  ドレッシングにつかったり、

  ピクルスもできるし応用範囲は無限大です(´▽`v)

パパとお風呂 (2)






寝具はこまめに洗濯・天日に干す。

私の旧友のように、一人暮らしだったりすると、なかなか難しいのですが、
枕カバーかけ布団なども、できる範囲でいいので、

こまめに洗濯、そして土日の天気の良い日なんかは
がんばって干しましょう♪(๑¯◡¯๑

入浴する際のポイント

夏の暑い日とかは湯船に入るのをつい省略して、
シャワーだけにしがちですが、

これも、ダメ!!
( `Д´)y

汗がでるまでじっくり湯船につかる事も大切です。
毛穴が開いて老廃物も流れ落ちやすくなるんですね。

ƒvƒŠƒ“ƒg

石鹸は柿渋ミョウバンが良いと言われていますね。
(*^-‘)b

まとめ

ママ友は、毎日、ご主人の寝具を洗い倒していたのですが、www。



それプラス、毎日外食するご主人を説得して
お弁当を持たせる事に成功しました(*´∇`*)

愛妻弁当



もちろん、お弁当は野菜と魚を中心にしました。
お肉を入れるときも、肉じゃがとか、お野菜と一緒に調理するものを
中心に入れたそうです。


(ご主人は社外では、公園でお弁当を食べたそうです(๑¯◡¯๑)
  ↑ここが素晴らしいですよね!♪



そして、

私の旧友、さすがに弁当は作れなくて
結局、リンゴ酢だけ、毎日飲みつづけたそうです。(; ̄ー ̄A



結果

ママ友のダンナさまは、
娘と一緒の布団で寝られるまでになりました。d(*´∀`*)b



旧友は、完全ではないけど、以前よりは、だいぶとマシになったと
実家のお母さんに言われたそうです。



本人の努力はもとより、ご家族の協力があれば乗り越えられるっ!
(`Д´)ノ!!!


出来ることからでいいんで、

自分の食生活を見直してみましょう~

がんばれっ!!!(*^-‘)b





「加齢臭の原因とは?男性特有のパターンはコレ!女性は?」


 

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ