栗のむき方とは?超簡単にむくコツはゆで方にあり!

栗のゆで方とむき方
毎年、本当に困っていたんですよねぇ~ …(((;^^)

栗



我が家では、
例年、親戚から大量の栗をいただくんですが、

結局、上手にむけないので、
別の親戚に頼んでむいてもらったり、
ゆでてもらったり・・・。

親戚間で、たらいまわしにしていたんですから
しょうがないというか、情けなかったんですよね(>人<;)

ところがっ!

数年前から、圧力鍋を使って、簡単にむけるようになって、
今度は、我が家から、親戚に贈れるまでに
成長しちゃったんです!(´▽`v)

この方法を知ってからは、達人のようにバンバンむけます

栗のゆで方とむき方を大公開しちゃいます!

ぜひ、ご参考にしてくださぁーい

スポンサーリンク



栗のゆで方とむき方


包丁でむく


今までやっていたむき方はコレ

これはかなりの高等技術!のような気がしますが、
みなさんはいかがでしょう?(; ̄ー ̄A

この方法を試す場合、
よく切れる包丁は絶対に準備してくださいね(๑¯◡¯๑)

生のままだとかなり危ないし、力も必要になるので、
まず、洗ってから沸騰した湯に入れて、2~3分ゆでてください。

それから、ムービーのように、栗の底のざらざらした部分に包丁を入れ、
上に持ち上げるように一気にむきあげる感覚で皮をむきます

渋皮もゆでた栗を一端冷凍し、少し解凍してからむくと
上手にむけるので、試してくださいね♪

(うちの親戚はこの方法で、1個1個むいていくようです(゚◇゚;))

神業ですよね~


私はこれが上手く出来なかったんです。。。(TдT)

と、と、ところがです!!
ついに発見したんです~!!o(´∀`)o

ゆでてから皮をむく


手間はかかりますが、この方法を知ってから
私自身もかなりやりやすくなりました(*^-’)b

1.栗をザルに並べ、半日ほど干しておくと
  甘みが増します。

2.半日ほど、かぶるくらいの水につけておく。
  (浮いてきた栗は虫食いなので、捨てましょう!)
3.水からゆでます。



かぶるくらいの水を入れて、煮立ったら弱火で40分~50分ほどゆでます。
(小さいものなら20分~30分、大きいものなら40~50分ゆでます)



[colored_box color=”green” corner=”r”]
ポイント
・水1リットルに対して大さじ1の塩を入れる
・沸騰したら数回『打ち水』
(びっくり水・冷たい水)をします。

[/colored_box]

塩は入れましょう♪栗の味が際立ちます!!

打ち水をすると、
栗の中心の温度と外側の温度をなるべく一定にし
火の通りが均一化されます。




4.ゆであがったら、水にさらして冷まします。

水をさらすことによって、栗のアクが抜け、甘味が増します(*^-‘)b
渋皮がはがれやすくなる気がします。




5.冷めたら包丁で皮をむきます。

栗のざらざらした底の部分から包丁を入れて、
手前に引っ張るとうまくむけます♪

渋皮も柔らかくなっているので、一気に
とても簡単にむけるんですよ(๑¯◡¯๑)





スポンサーリンク







圧力鍋でゆでてむ


おまたせしましたっ♪(*´∇`*)
これが、究極の超簡単な方法ですっ

1.あとでむきやすくなるように、
  栗のとがった方に包丁で十字に切り込みを入れます。



2.圧力なべに栗を全部いれて、かぶるくらいの水をいれます。
  ムービーは電動ですが、
  ガスの場合は、圧力鍋に強火で火を入れます。



3.フタが「しゅーっ」と言い出したら、
  火を弱火にして、そのまま7分加圧。



4.鍋から栗を出して、一番最初に切り込みを入れた部分に包丁を入れて、
  皮をむきます。




魚焼き網でむく


ムービーに、魚焼き網でむく方法もあったので、紹介しますね(๑¯◡¯๑)

1.そのままあぶると栗が弾けるので、
  最初に栗のざらざらした部分に1cmの切り込みを入れます。

2.魚焼き網の真ん中に、切り込んだ部分を下にして栗を並べていきます。
  (ムービーにもありますがカセットコンロは絶対に使わないでください!
   爆発する事があるそうです∑(゚□゚;)

3.栗が焼けて黒くなってきて、
  切り込みを入れた部分が割れたようになってきたら、
  栗を裏返して合計で5~6分焼きます。

4.火からおろして、粗熱がとれたら、包丁で皮をむいていきます。

家族で料理 (1)

まとめ



私は当初、栗をそのまま包丁でむくことにチャレンジしつづけていましたが、
しかし、こればっかりはやっぱり、「経験者」しか無理┐(‘~`;)┌

やりなれている人は「簡単よ♪」と言いますが、

初心者は1個や2個ではなく、何十個もやるのはかなり大変だし、
そうそう気軽にやれないんですね(>人<;)

さすがに、気軽に「どんどん」とはいきませんが、
そのまま剥く方法と比べると、死ぬほど楽になりました。

これだとちょー簡単なので、誰でも出来ちゃいますよ~(゜∇^d) !!

おいしい秋の味覚、がんばって楽しみましょう(*^-’)b

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ