かぼちゃって本当によく使うんです。

簡単にできるし、お弁当にも入れられるし、
応用が利くんですよね。(゜∇^d)

かぼちゃ



一番よく作るのはかぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物さえできれば、

コロッケ・サラダ・スープにグラタン、
とリメイク料理にも使えるんですよ。

「料理が下手だ・・・!」と真剣に悩んでいる
新米主婦のアナタ。

かぼちゃさえ極めれば、大丈夫♪

まずはかぼちゃの煮物を極めて
そこから、かぼちゃの人気レシピとステップを踏んで覚えていきましょう~。

スポンサーリンク



かぼちゃの煮物は基本です



やっぱり、これが基本かな?(*^-‘)b
かぼちゃの煮物は特にかつおだしなどを使わなくても

優しい味に仕上がるんです。

面取りも肝心で、これをしておくと煮崩れない

覚えておくと他の煮物にも使えます♪

材料 
かぼちゃ1/2個
砂糖大1/2
塩小1
酒大1/2

みりん小1
しょうゆ小1

作り方

  1. かぼちゃの種と綿を取り除き、
  2. 一口大に切る。

  3. 面どりをしておくと煮崩れを防げます。
  4. 落しブタをクッキングシートで準備しておく
  5. 鍋に砂糖・塩・酒を入れ溶かす。
  6. かぼちゃの皮を下にして並び入れる。

  7. 火にかけて沸騰したら、弱火に。
  8. 落しブタをしてから5分程度煮る。

  9. みりんとしょうゆを加えて
  10. 再度落しブタをして柔らかくなるまで煮る。

できあがり♪

この通りにやれば、煮崩れることもなく、
ほっこりした、おいしいかぼちゃの煮物ができあがります♪



馴れてくると、しっかり計量しなくても
目分量で、「だいたいこのくらい・・・」って感覚で作れるようになるんですが、

それでも、時として

「あ!しょうゆ!入れすぎちゃった(゚◇゚;)」

とか

「味が薄かったかなぁ・・・」

という自体も、よく起こってくるんですよね(; ̄ー ̄A
(経験者は語る)



そういう場合、逆に考えるとチャンスなんです!


そこから、「うーん・・・」と知恵を絞って
新たな料理を作れるようになってくるから♪♪

基礎さえできていれば応用範囲は無限大♪(。☉౪ ⊙。)

それでは、かぼちゃの人気レシピ、煮物のリメイク料理

ご紹介しますね~。




スポンサーリンク






かぼちゃの人気レシピ一覧


    かぼちゃサラダ
    かぼちゃスープ
    かぼちゃコロッケ
    かぼちゃグラタン

かぼちゃって甘くて柔らかくて、
子供から大人まで幅広く味わえる優秀な食材ですよね♪

私はどちらかというと和風の味付けが好きなんですが、
そのまま、生のかぼちゃを使って調理するのも良し♪




煮物からリメイクする場合、

もともと和風の味付けになっているんで、
とっても、やさしい味付けでこれらのメニューを楽しめるんですよ。o(´∀`)o

ただし、この上から、新たに調味料を加えるので
味見は忘れずに!(>人<;)

それではいってみましょう~!!

かぼちゃのサラダ

材料

    かぼちゃ 適量
    きゅうり 適量

    【味付け】
    マヨネーズ(ドレッシングでも可)

    塩・こしょう

生のかぼちゃ

かぼちゃを小さく刻んで
レンジで4~5分かけてからマッシュします。

かぼちゃの煮物を小さく刻んで
(もしくはマッシュして)
きゅうりも同じ大きさに刻んで

マヨネーズ、酢、塩・こしょうで味付けして完成♪
(煮物の場合、すでに味付けがしてあるんで
量は味見しながら調整してみてください!!)

ハムやベーコンなどを加えてもおいしいです。(*^-‘)b

かぼちゃスープ

材料

    かぼちゃ 適量

    小麦粉 少々
    牛乳(もしくは豆乳)
    バター
    【味付け】
    コンソメ・塩・こしょう

    仕上げ パセリ

生のかぼちゃ

かぼちゃを小さく刻んで
レンジで4~5分かけてからマッシュします。

  1. 加熱したかぼちゃ、もしくはかぼちゃの煮物を
  2. マッシュするか、もしくはフードミルサーで細かく
    すりつぶします。

  3. そのまま、牛乳でダマにならないようにときのばし、
  4. バター・コンソメ・塩・こしょうで味付けしてできあがり。

かぼちゃの煮物はすでに味付きなので、
コンソメは必要なし。塩・こしょうで味を調整してください

温かくてもおいしいですし、
 夏場は冷蔵庫で冷やせば冷製スープに早変わり(´▽`v)

とてもおいしいですよ♪
簡単なのでぜひ、試してみてくださいね♪




かぼちゃコロッケ

材料

かぼちゃ 適量
(ひき肉 適量)

【味付け】

ウスターソース・コンソメなど

【衣】


パン粉
小麦粉

[colored_box color=”light‐gray” corner=”r”]生のかぼちゃ

かぼちゃを小さく刻んで
レンジで4~5分かけてからマッシュします。[/colored_box]

かぼちゃの煮物はそのままつぶして、
そのまま、小麦粉・卵・パン粉を付けて
180℃の油で揚げれば完成♪

[/deco_bg]

煮物はそのままつぶして、揚げればいいので超簡単です。

もう一味加えたい時は、ひき肉とたまねぎを炒めたものを
混ぜてから、揚げるとかなり本格的な味になります♪




かぼちゃグラタン


材料 
かぼちゃ 適量
玉ねぎ  適量

【味付け】
ホワイトソース
とろけるチーズ

コショウ

1.フライパンに油をひいて、薄切りにした玉ねぎを炒める。

2.ひき肉・ソーセージ(魚肉ソーセージ)など入れてもOK(´▽`v)

3.牛乳を入れて少し煮込みます。

4.そこにマッシュしたかぼちゃを投入。
  味見して、足りなければ、コンソメ・塩・コショウで味付けしてくださいね。

4.耐熱皿に移して上に、とろけるチーズをかけてオーブンで焼けば、
  (200℃で10分くらい)完成。

ホワイトソースが苦手という人は、
 上に缶のミートソースと、とろけるチーズをかけてからオーブンで焼いても
 OK(*^-‘)b

かぼちゃの煮物の味付けが濃すぎるときは、避けた方がいいかな。(; ̄ー ̄A。





女性

まとめ

さてさて・・・・

どどーんとレシピを紹介しましたがいかがでしょうか?

料理下手って思っていても、

毎日、毎日必死でコツコツやり続けると、

まぁ、どうにかなるもんです。(゚ー゚)(。_。)
(経験者は語る)

お店やインターネットを見れば死ぬほどレシピはあるんで、
毎回、毎回新しいメニューにチャレンジするのも楽しいです。

でも、

やりなれた食材を使いこなす方が
やり方がわかってくるというか、

コツも飲み込みやすいんですよね。

万が一、

「味が薄い!」「濃すぎた!!」なんて事が起こっても
リメイク術を知っていれば、

結果的に料理の幅も広がるというもの(。☉౪ ⊙。)

最後に、

かぼちゃの煮物のリメイク術として、
煮汁が残ってしまった場合、

その煮汁の活用方法を紹介しておきます。(´▽`v)

煮物の煮汁の活用方法


[deco_bg image=”woodboard1″ width=”400″]

  1. そのまま、そのだし汁に油揚げを入れて煮れば、
  2.   きつねうどんができるし、いなり寿司もOK

  3. 煮汁があたたかいうちに、うずらの卵の水煮を
  4.   入れると味付け卵ができます♪

  5. だし巻き卵のだしに使えます♪超便利ですっ

[/deco_bg]

諦めないで!料理は楽しいんです。(。☉౪ ⊙。)

大好きなかぼちゃを徹底的に使いこなしてみましょう~!!!

スポンサーリンク




関連記事はこちら