シチューの隠し味!美味しくなるのは味噌?チーズ?昆布茶?

そろそろ寒くなってくるので、
この時期に食べたくなるのはやっぱり♪

シチューですよね(๑¯◡¯๑)



しかしっ!

家族が大好きなので毎回、同じ調味料・材料を使って作り続けていると、

「飽きてくる・・・・」んです~。(; ̄ー ̄A

シチュー

我が家でも、娘が大好きなので寒い時期は特に
3日に一度くらいは、作り続けます。o(´∀`)o

食べなれた味も、安心していいんだけど、
やっぱり、時々、アクセントが欲しいというか、
本格的な味にしてみたいというか

野望がフツフツ・・・湧いてきますよね(笑)




それでは・・・!!!

とっておきの隠し味を使って特別なシチュー
作ってみましょう~♪

スポンサーリンク



隠し味とは?

食べなれた、いつもの料理にほんの少し加えるだけで、
劇的においしく感じるようにしてくれるのが隠し味




具体的に言えば、

味を引き立たせるためのうま味のある調味料、
あるいは食材の事です。

料理する



おそらく公式のように知られている物は、

酸っぱさをおさえるには砂糖、甘さを引き立てるには
などがあります。(๑¯◡¯๑)

要は食べる人が「おいしい♪」と感じれば勝ちな訳で、

舌の超えた私たち日本人は、甘味うま味を強調すると
おいしく感じるという特性があるんですね。

「おいしい!!」と言わせるためにプロもあらゆる隠し味を使う訳ですが、
私達、一般家庭の主婦がよく作るメニュー、シチューも、

ひと工夫するだけで、
プロの味に近づけるとしたら、
やってみたいですよね~♪

クリームシチュービーフシチューで、隠し味を紹介しちゃいますね♪

クリームシチューの隠し味はコレだ!



クリームシチュー2

  • しょうゆ
  • チーズ
  • (粉チーズ・固形・スライスチーズ)

  • ハーブ
  • 昆布茶
  • 白みそ
  • 砂糖
・しょうゆ
日本人は洋食だったとしても、
醤油が入っている物を好む傾向があるようです。(゜∇^d)


クリームシチューに入れる鶏肉は
しょうゆにつけてしばらくおいてから、
調理すると、抜群においしくなります♪

・チーズ

濃厚さコクが出ます(*^-‘)b
これは粉チーズでも、とろけるチーズでも
同じです。

チーズを入れるタイミングは、材料を煮込み終わってから。

・ハーブ


ローリエ(月桂樹の葉)ベイリーフ・
ローズマリー・タイム・、エストラゴンなど。

めんどくさかったら、
ブーケガルニを使うのも手♪

ブーケガルニとは
香味野菜ハ−ブなどを乾燥させて束にし、
木綿糸などで縛った物の事。

主に煮込み料理で使われます。
素材の臭みを取ったり、香味をつけるのに役立ちます。

一般的には、パセリローリエタイム
セロリリ−ク(西洋葱)バジル等が使われますが
特に決まりがあるわけではないので好みで使い分けましょう~♪

ハーブを駆使するとかなり
本格的な味になって、驚きますよ♪

ティーバックのようにしてスーパーで売られているので
試しに購入して使ってみると良いですね!





・昆布茶

これもうま味調味料の代表選手ですね♪
主に和風の料理によく使われますが、

シチューに入れても、独特の風味がプラスされるのでGood(゜∇^d)

市販のものも良いですが、
昆布茶は簡単に手作りできるし、
市販のものよりもおいしいので、

私は時々、手作りしています!




・白みそ

最初白みそを使った時は、
本当にビックリしました。

表現するのが難しいのですが、
うま味が増すというか、深みがでるというか・・・

特に関西風の白みそを使うとその差が明確に出ます!!

注意点としては、塩分が気になるところ(; ̄ー ̄A
シチューの塩分を控えめにするとちょうど良いかもしれませんね♪




・砂糖


これは独身の頃、よく行っていた洋食屋さん
おしえてもらいました♪

洋食メニューにはたいてい入れるんだそうです。

ほんの少し入れるだけでおいしさがアップします♪





スポンサーリンク





組み合わせとしては、

上記のものをまとめて入れてもOK(*^-‘)b

ブーケガルニに関しては香りが強くなるので
いろいろハーブの組み合わせを
変えて入れても良いと思います。
(この香りが決めてで食欲をそそるんですー(。☉౪ ⊙。)

チーズと白みそは共に発酵食品なので相性はバツグン!!

入れる量は、常に適量というか、
私はいつも目分量です(はははは)

ある程度、馴れてくると、
「だいたい、こんなもん・・・」てのがわかってくるんです。

注意点としては、
ごくごく少量づつ、足していって、

味見しながら
調味料を加減すること。

↑これを守れば、ほぼ失敗する事はありません(*^-‘)b

一応、レシピとして分量を載せておきますが、
これはあくまで「我が家」の分量なので、

あなたのご家族のメンバーで加減してくださいね♪

それでは、我が家の定番クリームシチューのレシピ♪
公開しちゃいまーす(*^-‘)b



材料

    鶏もも肉 1枚
    たまねぎ1個
    じゃがいも大1個
    にんじん1/2本
    しめじ、きのこ類1パック
    ブロッコリーなど色目の野菜

    小麦粉適量
    牛乳もしくは豆乳2カップくらい
    コンソメ1個
    塩・こしょう
    昆布茶適量
    チーズ適量

    作り方

    1. 私は、最初に鶏肉だけしょうゆと酒に
    2. しばらくつけてから(10分くらい)
      一度、ソテーします♪

    3. そして、そこに野菜を入れて炒めて、小麦粉を足し、
    4. 牛乳、もしくは豆乳で溶かして、コンソメを入れ煮込む♪

    5. そこに白みそ・昆布茶を加減しながら入れる

    できあがり♪





クリームシチューは、こんな感じ♪(*^-‘)b
何回も作っていれば、味も「それなり」になってきます(ははははは)

では、

もう一つの定番シチュー。
ビーフシチューいってみましょう~(´▽`v)



ビーフシチューの隠し味はコレだ!


ビーフシチュー

  • 赤ワイン
  • ハーブ
  • ヨーグルト
  • フォンドボー
  • トマト(完熟)もしくはトマト缶)
  • ブロックベーコン
  • マッシュルーム
  • 豆類




・赤ワイン

これも、もう定番ですよね♪
味に深みが出て本格的な味わいになります!



・ハーブ

これはクリームシチューと同様です♪

・ヨーグルト

これは、ビーフシチューに入れる牛肉に使います♪
牛肉にヨーグルトをかけて、もみ込み、

冷蔵庫でおおよそ、2時間くらい寝かしておくと、
ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、肉を柔らかくします!!

おいしさも増すので、ぜひ試してみてくださいね♪



・フォンドボー

いわゆる「仔牛のだし汁」のこと。
だしと言えば、いかにもうま味が凝縮されているようで、

魅力を感じます!

ちょっと高いのが難点かな?(; ̄ー ̄A

スーパーで1缶600円弱くらいします。
とっておきの日に使いたいですね♪

・トマト(完熟)、もしくはトマト缶


トマトベースのビーフシチューに加えると
うま味が増します!

トマトベースなら
ウスター・ソースもプラスするとおいしさが増しますよ♪


・ブロックベーコン

あくまで「ブロック」。
(スライスしたのではありません)

ほんの少しビーフシチューに入れるだけで
おいしくなります♪

娘が大好物なんですよ(๑¯◡¯๑)

・マッシュルーム

これも、生もものがたくさん手に入ったときに
大量に入れます。

歯ごたえがたまらないんです♪

・豆類

ひよこ豆レッドキドニービーンズなどの豆類。
これも、おいしさもそうですが、

豪華さが追加されて、家族に好評なんです♪

ビーフシチューも、
クリームシチューと作り方は同様ですね。


肉を炒めてから、野菜も入れて炒め、
(豆類も入れちゃいます)
小麦粉を投入するまでは一緒♪



色をブラウンになるまで
ここから、しばらく炒めたりもしますが、
めんどくさい時は、
市販のデミグラスソースで煮たりしますσ(^┰゜)

あとは、赤ワイン・水・ハーブ・コンソメを加えて煮込んで、
できあがりです♪

ちなみに

ブロッコリーを入れるときは、
あらかじめ、下ゆでしたものを仕上げに入れるようにします。
(あまり早くに煮ると色落ちしちゃうので・・・)


女性

まとめ

隠し味ってのは魔法です♪

料理の腕に自信がなくても、これらをちょっと追加するだけで
いつものシチューが、全く違うものになるんですよねo(´∀`)o

家族に大人気のメニュー、シチューに隠し味をプラスして
プロ顔かけの味にチャレンジしてみましょう~!!

「おかあさんってすごい!!」
と言わせる事ができれば大成功ですよねo(´∀`)o

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ