正月太りを解消!効果的な運動とストレッチはコレ!!

「毎年、正月明けに体重計に乗ると、
激太りしてて、大ショックを受けるんだよなぁ~

特にお腹が悲惨(T_T)

無理なく、正月太りを解消するための

運動とストレッチを知りたい!!!」
ダイエット



了解しました(b^ー゜)!!



お正月はおせち料理にはじまって、親戚の所にいったら鍋料理♪
テレビを見ながら、大量のお菓子をぱくぱく・・・・。

お餅も大好き♪、食べだしたら止まらない♪
おまけに外出は常に車で、歩くなんてまったくしない!!
┐(‘~`;)┌





これで太らなかったらアナタ!!
超人です!! …(((;^^)

お正月3が日で、2キロから5キロなんて楽勝で太るんですよね(>人<; 正月太りを解消するための、運動とストレッチを大公開しちゃいます~


私はこの方法で、理想体重に見事!戻りましたよーん(b^ー゜)!!

スポンサーリンク



正月太りの原因


まず、正月3が日にドカ食いするのが、一番の原因ですよね(゚ー゚)(。_。)

そもそも、

正月料理は、おせち料理をはじめとして、
塩分が多く含まれているものが多く、むくみやすいんですね。 …(((;^^)

脂肪だけでなく、リンパの流れも悪くなって、水分がたまり、
結果的に、「水太り」してしまうという訳。
太る


むくみは、水分はもちろん、
老廃物や余分な脂肪の回収と、排出力が落ちている証拠デス!

そのまま放置すると、
脂肪細胞は、肥大化して、脂肪と老廃物の塊(セルライト)になり、
ますます太りやすくなります!(T_T)

また、

三日間で巨大化した胃は、
大量に物が入らないと、「満足の信号」を脳に送らなくなり、
ますます、食べる量も増えて、
どんどん太ってしまう・・・、
という悪循環に陥りやすいんですね。(>人<;)



また、

年を重ねるごとに、
基礎代謝が低下しているのも、
大きな原因のひとつと考えていいでしょう(゚ー゚)(。_。)

基礎代謝の4割を担う筋肉の量が、年に1%ずつ減っていくのは、
20歳を過ぎてから∑(゚□゚;)

衰えた筋力を、復活させる努力が必要なのは、言う間でもありませんよね!!!
(w_-; ウゥ・・



冬は運動やストレッチをするのに最適♪



さ~て(b^ー゜)!!
ストレッチ
いよいよそこで、
衰えた筋肉を復活させるための、運動が必要になるわけですが、

世間一般で言われるいわゆる、
筋トレ」は、とにかくハードな物が多いですよね …(((;^^)

バーベルを担いだり、スクワットを続けたり、
見ただけで気持ちが萎える、というのは、仕方がないことだと思います。

ただでさえ、
お正月休みは、「食っちゃ寝♪」を続けてきた訳ですから、
そこからいきなりハードなトレーニングは、無理というもの(゚ー゚)(。_。)




でもですね。




実は、夏よりも冬は、
基礎代謝量が20%も上がると、いわれているんです。(*^-‘)b

その理由は、
気温が低いために、体温を放出しなければならないから。

すなわち、基礎代謝が、上がっている今こそ、
自分に合った、無理のない運動を始めるチャンス、という訳です♪




スポンサーリンク






正月太り解消の運動は、まずウォーキングから


運動といっても、いきなりジョギングとかマラソンは無理!!www。

できるならチャレンジしてもいいですが、とにかくキツイですから、
続いても数日がいいところでしょうね(; ̄ー ̄A



効果を出すためには、
ある程度の期間、ずっと続けなければ、意味がないんです。



ですから、

まずは、そんなに無理のかからないウォーキングから始めてみましょう♪


 目的を明確にする 



何をするにも、最初に、それを行う目的を明確にした方がいいのは、
当然の事で、何も考えずにダラダラ歩いていたのでは、
効果も得られません。

ムービーでは、

体についた余分な脂肪をエネルギーに変えるという、
有酸素運動。

余分な体脂肪効率的に燃やす事を目的とする、
という事が大切と述べられています。



これも、最もかと思うんですが、

もっと、世間的な事を目標にする方が
効果が期待できます♪σ(^┰゜)



例えば・・・



 

     〇〇さんに「綺麗だなぁ~」って言われてたい♪

                  とか、


      〇〇のワンピースを着て、女子会に行きたい!

                  とか、


      ダンミツ(壇蜜)みたいなセクシードレスを着て、
      今度のクラス会に出席しちゃおう♪

                とか、



エトセトラ、エトセトラ・・・・(。☉౪ ⊙。)



なんかもう、無限に出てきそうでしょう???

これって結構、効果あるんですよ♪
歩いている最中に、成功してスリムになった自分をイメージしながら歩くと、
熱が入るんです♪www。

 歩幅を大き目に取る 



歩幅を広めに取ると、「太ももで歩く」感覚が得られます♪
すなわち、太ももの筋肉を使って、シェイプアップにつながるんですね(*^-‘)b



 速足で歩く 


速足で歩くといっても、
最初は、自分が歩いていて「早いなぁ・・・」と感じる速度でOKです(´▽`v)

速足で歩くと、心肺機能に負荷がかかって
いつもより多くの脂肪が、燃やされる、という事です。




 最低30分は歩く 


脂肪は、最低20分歩かないと燃えません。(゚ー゚)(。_。)

ですから、できるだけ平坦な道を選んで、
歩幅を広く速足で歩く事、を心がけながら

毎朝30分くらいウォーキングする事からスタートしてみましょう♪

私は毎朝、大学のグランドのウォーキングを続けているのですが、

効果を実感しはじめたのは、3か月を経過しはじめたくらいです(´▽`v)
ウォーキングが終って、自宅に帰ると、体がホカホカに温かくなって
本当に気持ちいいんですよ♪
ウォーキング



正月太り解消の方法:ストレッチ


正月太りは、
なんといっても、お腹がブヨブヨになって出てしまう所ですよね …(((;^^)


私も毎年、お正月が過ぎた頃は、
悲惨なくらい」お腹がぽってりと出てしまい、
外にも出られないようなつらい思いをした事があります。

(といっても、外出してましたけどwww)

これから紹介するストレッチは、
ウォーキングと同じで、速攻の効果は期待できません

しかし、

ずっとやり続けると
お腹はもとより、太もも、ヒップの筋力がつき、

スリムになる事はもちろんですが、
それ以上にありがたかったのは、

下半身全体がものすごく「軽く」感じられるようになったところです♪

その方法はずばり!

「四股踏み(しこふみ)」でーす♪(b^ー゜)!!



しこは、ヒップアップはもちろん、
下腹ぽっこりにも効果的♪
まず、下腹のインナーマッスルが鍛えられるんですね♪


続けるうちに

骨格が整い、内臓は正しい位置に戻ります。
又、胃腸の機能が正常化し、
便秘も解消されるんですよ~♪o(@^◇^@)o




そして、基礎代謝もよくなってリンパの流れ活性化
とくれば、「やらなくっちゃ!!!」
ってなりますよね♪

(↑そう決意したのはワタシですwww)



ストレッチをしたあとにウォーキングをすると効果的♪


ウォーキングの効果を高めるためには、
歩く前に、ストレッチをすると効果的なんですね♪


ストレッチは、全身に血液を送り
筋肉を温めます


そして、腱や筋肉を伸ばしやすくして、
予め、関節の動く範囲を広げておく
という効果もあるんです(*^-‘)b

また、

ウォーキングの脂肪燃焼効果をアップする事にもつながるんですね。




やり方は、
左右1回づつやって、「1回」と数え、
合計10回



最初はとにかく、むちゃくちゃキツイですから(>人<;)
5回づつ、何かにつかまりながらでも大丈夫です♪

慣れてきたら、朝と晩が効果的です♪

焦らないで続けましょう~o(@^◇^@)o

ファイトっ



終わりに


実は、私が「ウォーキングをはじめよう!!」と決意したのは訳があるんです。

その第一の理由は、
今年の夏に、家族で鳥取砂丘に行ったんですが、
主人と娘は軽々と、砂山を登っていたったのに、

私は、砂山の途中で転んで、
以降、そこから立てなくなってしまったんです(>人<;)



「これはヤバイ!!
∑(゚□゚;)


と本気で思いました。www。



そして、第二の理由。

お義母さんは、すでに70代半ばを超えているんですが、
山道でも、私達夫婦を追い抜いて、さっそうと歩いて行くんです∑(゚□゚;)

「すごいなぁ~」と思ってお義母さんに尋ねたら、
携帯に仕込まれた万歩計を見せてくれました。

「1万5,000・・・・」



え・・・????

読み違えたの?と最初思いました。

毎日は無理としても、私よりはるかに年上のお義母さんが、


「これだけ歩いているんだ・・・」


良い意味で大ショックだったんですねwww。

それ以降、台風、もしくはゲリラ豪雨の時以外は、
絶対に、早朝、大学のグランドを歩いています。(´▽`v)

もちろん、ウォーキングの前に、四股踏みは忘れません♪

おかげで、私の今は理想体重ですo(@^◇^@)o

あなたもぜひ、
正月太りを解消して、目標を達成してくださいねぇ♪

「正月太りの解消♪食事制限&ダイエットに最適な食事はコレ!!」






 

スポンサーリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ