実は私の亡父は糖尿病だったんです(-_-;)
糖尿病は遺伝する確率が高いとよく言われますが、

そういう意味からも、若い頃から、
検査キットを使って、自宅で尿検査でチェックはやっていました。

毎年、健康診断も受けていますが、
今のところ、まだ発症していませんwww。

ただ、年齢も年齢だけに、
(うー!おばはんや~。゚・(>Д<)・゚。) 糖尿病とはどんな病気なのか?
初期症状は?合併症はどんな物があるのか?

しっかり調べてみました …(((;^^)!

スポンサーリンク



糖尿病とは?



1型糖尿病を発症してがんばる6歳の女の子の
ドキュメンタリーです。

長いですが、小さな女の子がインスリンの注射を打っている姿を
見ると、胸が詰まります!

この子のお父さんも1型糖尿病です。
そして、
そのお母さん、つまり6歳の女の子のおばあちゃんですが、

「糖尿病に感謝している」とコメントされているところが
とても印象的でした。^^


子供 手

糖尿病には1型2型があります。

膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンという
血糖(糖質)を調節するホルモンが不足したり、

調整がうまくいかないため、

常に血糖が高い状態になっている状態を言います。

インスリンの分泌量の不足や、働きが悪くなると、
栄養がうまく取り込めなくなり

血液中にブドウ糖が増えてきます。

ブドウ糖は体を動かすためのエネルギーとなっており、
筋肉や臓器で使われるものです。

これが、エネルギーとして運ばれなくなるので
血液中に溢れてしまうのです。


糖尿病の種類


[icon image=”finger1-r”]糖尿病は以下の4種類があります。

[colored_box color=”green” corner=”r”]

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • その他の特定の要因で起こるもの
  • 妊娠糖尿病

[/colored_box]

診察

1型糖尿病

胃の裏側に位置する膵臓内で、
ランゲルハンス島という組織があるのですが、

その中にある、
インスリンを製造・分泌している
β細胞を、自己免疫反応の異常や

ウィルス感染などで血液中のリンパ球が攻撃して
破壊するため、

体内でインスリンを作られないという事になります。

これは、子供の頃に発症するケースが多く、
先天的にインスリンが不足しているため、

以前は
「インスリン依存型糖尿病」や「小児糖尿病」と呼ばれていました。

2型糖尿病


これに対し2型糖尿病は、「糖尿病」と呼ばれる95%を占め、
肥満・過食・運動不足・遺伝・喫煙・飲酒・ストレスのうち、


複数の要因によって、
膵臓から分泌されるインスリンの作用不足が起こり、

血液中のブドウ糖が上手に処理できなくなり
血糖値の高い状態が続くようになったものです。

その他の特定の遺伝子の異常や他の病気が原因となるもの

免疫の異常などのほか、膵臓や肝臓の病気
感染症、遺伝子の異常などが原因となって、

糖尿病が引き起こされるものです。

妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病です。
新生児に合併症が出ることもあります。


スポンサーリンク






糖尿病の初期症状

さて、

そうした厄介な糖尿病。
なったら怖いですよねぇ~。(-_-;)

糖尿病の初期症状はどんなものなんでしょう???
私もいくつか、思い当たるフシがあるような気がしたので

今度の健康診断で、しっかりチェックしようと思いました!!

糖尿病の初期症状は、痛みなどの自覚症状がでないため、

検査などをして、仮に血糖値が異常の数値だったりしても、
そのまま治療を受けない人も多いのが実情です (;´д`)

糖尿病の一番怖いところは、
合併症です。

以下の症状で、いくつかでも
思い当たる所がある場合は、一度、検査した方がベターかと
思われます!!

[illust_bubble subhead=”糖尿病の初期症状” align=”right” color=”red”
badge=”check”illust illst=”check-w1-l” align=”right” width=”110″]
・体重が急激に減る
・喉がものすごく乾く
・頻尿(尿の量・回数とも増える)
・尿に匂いが出る
・全身がだるく感じ、疲れやすくなる
・手足がしびれる
・月経異常
・立ちくらみ

[/illust_bubble]

等々・・・。

主に、ブドウ糖が大量に排出されるため、
それによって、尿の量が増えたり、

ブドウ糖が栄養として利用されないため、
エネルギー不足になったりが原因です。

糖尿病の合併症


糖尿病の三大合併症は、

[colored_box color=”green” corner=”r”]

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害
  • [/colored_box]

    があります。

    糖尿病性網膜症

    目の水晶体が
    長年の高血糖によって障害を受けると糖尿病性網膜症になります。

    治療が困難です。
    最悪の場合失明に至る恐ろしい病気です。

    糖尿病性腎症

    腎臓は血液の不要物・老廃物を尿中に排泄
    必要なものは漏らさずに血液の適正な環境を保つという

    非常に大切な役割があります。

    尿毒症になると
    人工透析を受けないと生きていくことが難しいのですが、

    この原因の第一が糖尿病なのです。

    糖尿病性神経障害

    両足の裏のしびれを感じているとしたら
    糖尿病性神経障害の可能性があります。

    はじめは、
    足の裏に皮がもう一枚貼っているような感じだったり、
    素足なのに、靴下を履いているような感覚だったりします。

    そのしびれはやがて、
    だんだんと上の方に広がり始め、
    両手指も先端からしびれ出します。

    最悪の場合、足を切断というケースもあるので、
    軽視できない障害ですね!!



     

    とにかく恐ろしい糖尿病
    現段階では、治る病気ではないので、

    一端発症すると、一生のおつきあいになります。 …(((;^^)

    なんとしても予防したいですよね。

    それはこちらで紹介しています♪
    「糖尿病の予防!効果的な食事のポイントは?」

    ぜひ、ご覧くださいね((*^∀^))

    スポンサーリンク




    関連記事はこちら