バレンタインの告白!セリフは?成功率をあげる方法はコレ

    バレンタインに愛の告白をしたい・・・・!!


    できるなら、彼とつきあいたいけど、
    万が一、彼が拒否しても、いいイメージだけは
    持っていてほしい・・・・!!!

    どんな風なセリフがいいの?手紙を書こうかな~・・・



    告白


    大好きな彼が居るんですね♪
    目を閉じると、思い起こすのは愛しい彼の微笑、姿、
    優しい声・・・・。

    片思いなら、なおさらその思いは強烈です。

    私も、高校生の頃、3年間、ずっと思い続けた人がいました。
    もう、その情熱は言葉では表現できないくらい強烈!!!

    せめて、この気持ちを彼に伝えたい。
    卒業前のバレンタインがラストチャンス!!!。




    「2014年最新のバレンタイン事情調査」によると、
    バレンタインの告白経験者の2人に1人が、

    告白すると、
    「OKがもらえた」と答えているのです(。☉౪ ⊙。)



    可能性が高いなら、
    チャレンジするに越した事はありませんよね!!



    成功する確率が高くなるワザをどどーんと紹介しちゃいます♪
    (*^-‘)b

    スポンサーリンク



    バレンタインの告白:男性の気持ちは?



    ストレートな告白は、
    「うれしい」のは間違いないです。(^^)

    義理であれ、本命であれ、
    バレンタインになにかしら、もらえるという事は、
    男性にとって、ある意味、「名誉」な事。



    ですから、


    このタイミングで告白するとすれば、
    うれしさのあまり、「いっちゃぇーーー!!」
    と、エンジンがかかりやすくなるのも事実なんです(´▽`v)

    (男ってほんま、単純!!www)



    ただし、

    その告白にも、ちょっとひと工夫がいります。
    その裏技を紹介しちゃいますね♪(´▽`v)




    バレンタインの告白のセリフはストレートで決まり



    まず、男性の意見として、バレンタインの告白は
    「ストレートな方がうれしい!!」んです。



    ただし、イケメンのモテ男君だったり、
    あなたの事をあまりまだ、知らない場合だったりすると、

    OKを出すかどうかは、かなり悩みます。ヾ(;´▽`A“



    たくさんの女の子たちから、

    「好きです!つきあってください!!」
    「だいぶ前から、好きでした・・・」
    「愛しています!!」
    などなど・・・。

    言われ続けていると、
    慣れてしまって感動も薄くなるんです。




    当然ですよね …(((;^^)



    私の憧れた人も、かなりモテル人でした。
    ルックスというより、生き方というかポリシーを常に感じさせる人で、

    当然、高校でも生徒会長♪

    一言、一言が、先生をも「うーん・・・・(^^)」とうならせるほど、
    説得力があって、かっこいい・・・・!!!





    「彼とデートできたらいいなぁ~・・・♪」

    なんて、自然と考えるようになってました。

    つまり

    そう考える女子学生は、
    私の他にも、たくさん居たという事です。
    (しかも、若い女の先生まで居たんですよ~!!(゚◇゚;)

    ですから、

    当然、勝つためには、作戦が必要だったんですね。




    スポンサーリンク






    バレンタイン告白必勝法1:彼の側に居られる環境をつくる



    私も単純なんですけど、

    出来る限り、ライバルより、彼の側に居られるようにしようと、
    試みました。



    生徒会に立候補したんです!!(ははははは)

    できる限り、彼のそばで、自分のイメージを印象づけると、
    かなり好印象に傾きます。

    生徒会は無理でも(結局、落選したんで、友達づきあいでした)
    グループ交際とか、クラブが一緒とか、

    「こういう子なんだ・・・」っておおまかにでも、
    あなたの性格を彼氏に、飲み込んでもらうと、
    バレンタインに告白しても、成功する確率は高くなるって事。




    ですから、
    この作戦は、ある程度、時間が必要になります。
    目標はバレンタインと決めたら、

    最低でも、数か月くらい前から、
    彼氏にアプローチを開始しましょう。ね♪σ(^┰゜)




    バレンタイン告白必勝法2:具体的な要求は書かない



    さぁ、彼との関係はできつつある・・・(^^)
    印象は・・・うーん・・・・まんざらでもないかなぁ~。

    「本命!」とまで行かなくても、
    好感は持ってくれていそう・・・♪




    とここまで来たら、

    いよいよ運命のバレンタインがやってきます。


    当然、なんらかのプレゼントを準備。
    (私は手作りチョコに挑戦しましたが、大失敗して、
    結局市販のチョコを買いましたwww)

    そして、メッセージカードを用意して、
    そこにできるだけ丁寧に、

    「好きです・・・」と書きましょう♪

    ごちゃごちゃ書いてあるより、
    端的に自分の気持ちを伝えた方が、もらう側も、好印象を持ちます。

    ただし、ここでも、大切なポイントがあるんです。(゚ー゚)(。_。)



    具体的な要求は書かない


    これが一番大切なポイントかなぁ~・・・と思います。

    「つきあってください」
    「デートしてください」等


    と具体的な事が書いてあると、
    返答する側も「はい」「いいえ」かでしか答えられないからです。



    私はあなたが好きです。



    こう告白するだけで、満足しましょう(^^)
    満足できなくても、満足している雰囲気を漂わせる事が大切なんです。

    相手の「焦り」が見え隠れすると、それだけで相手は間違いなく、
    「引きます」



    相手がモテル男なら、可能性は低い。

    それなら、せめて、友人としてでも、
    お付き合いがある方が良い。

    割り切っている方が、あとあと、精神的にも楽なんですよ。


    プレゼント



    バレンタイン告白必勝法2:あとは自然に任せる



    一番、大事なのは告白してからあと、なのかもしれません。

    万が一、彼から、快い返事がもらえなかったり、
    彼から、避けられているような気がしたり・・・・。

    そういう結果になると、
    かなりショックですよね(T_T)。

    こっちも、数か月前から、
    しっかり作戦をたてて、努力してきたんですから。

    だけど、
    こればっかりは、どうしようもないんです。ヾ(;´▽`A“





    ダメならダメで、
    「明日は明日の風が吹く」という感覚で居ると、

    精神的にかなり楽だし、結果的に、よい方向に向かったりして、
    彼ともその後、いいお付き合いができたりするようになるんですよ。





    その時の結果だけに、左右されず、
    もう少し先に焦点をしぼって、「どーん!!」と構えていましょう♪


    カップル



    終わりに



    こういう書き方をしたら、
    私がその憧れの彼に「フラれた」という事がわかってしまいますね。
    (ははははは)



    そのとおりでその彼からは、
    「ごめん、好きな子がいるんだ」と言われました。




    それはそれとして、終わって、
    高校を卒業してから、数年経ったころに、

    クラス会があったんです。




    当然、憧れの彼も出席していました。
    お互い、お酒も入って、いろいろな話ができるようになった頃、


    彼から、
    「覚えてる?バレンタインだけど・・・」って切り出したんです。

    私も興味深々で「もちろん!!」と答えました。

    いろいろ、つきあった女の子の話から聞かされたんですが、
    (聞きたくないよ!そんな事!!)

    最後に彼が告白したんです。




    「実はね。オレ。
    あの当時、好きな子が居て、結局その子と付き合ったんだけど、
    すぐ別れてん。

    だけど、〇〇さん(私の名前)とは、
    その後もずっと、いろいろと話もできて、本当に楽しかった。

    だから、つきあわなかったけど、
    うれしかった!

    その子に話せなかった事も、かなり話しこめたしね。
    ずっと言えなかったけど、感謝してんねんで。ありがとうな!



    これを聞いた瞬間。

    私は心の底で
    「ばんざーい!!」してました。www。

    彼が選んだその子より、
    私の方が、彼に精神的安らぎを与えられてたんだ!って
    気づけましたからね♪

    バレンタインは、告白するきっかけのひとつにすぎないんです。

    あとは、あなたの魅力で、じっくりと時間をかけて、
    彼をノックアウトしちゃいましょうwww。

    スポンサーリンク




    関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ