腎臓病はものすごく怖いって聞いて・・・。

最近、尿が泡立っているし、
色もおかしい気がする・・・

それに体が、ものすごくむくむの((;゚Д゚).
体がだるいとか、そんな事はなくて、
全然、平気なんだけど、

大丈夫かなぁ~???


困る





それは、明らかに怪しいですね!!
(゚ー゚)(。_。)。

腎臓病って一端患らって悪化すると、
人工透析の可能性も出てくるし、


心筋梗塞脳卒中のリスクが
約3倍になるってご存じでした???∑(゚□゚;)

本当に恐ろしい病気なんですよ~!!!




自覚症状がないあなたのために、
腎臓病の症状:尿に異変を感じたり、
体にむくみ
が表れたりしたら、

即病院に行って
詳しく検査してもらいましょう!

腎臓病について、端的にまとめてお伝えします!

スポンサーリンク





慢性腎臓病とは?


まずはムービーをご覧ください


慢性腎臓病は、
何かの腎障害が3ヶ月以上持続する場合に
定義される腎臓病の総称です。

あまり耳慣れないかもしれませんが、
日本で、患者数は
実に1,330万人(8人に1人:20歳以上の成人)と考えられ、

「新たな国民病」とも言われるようになっています。





しかし、
医療機関で治療を受けている人は
多くないんです∑(゚□゚;)

なぜなんでしょう?


それは腎臓そのものに原因があるんですね!


●腎臓とは?



腎臓は、人間の腰ぐらいの位置にある、
左右1つづつ、ソラマメのような形をした
握りこぶしくらいの臓器です。

腎臓の画像は、こちらで確認できます♪
http://www.hamadaclinic.net/jinzou.html

腎臓は、大量の血管が集まった臓器で
これらが、体内の毒素・老廃物・水分ろ過し、

尿として排出するという役割があります。



ところが、何等かの原因で
腎臓が正常な働きを行えなくなると、
体内に、毒素や老廃物が蓄積されます。

これらが体内に残ると、大変危険な状態を
引き起こす訳です。



しかし!!

そもそも腎臓は別名:サイレントキラー
もしくは「沈黙の臓器」という呼び方があるんです。

なぜかというと、
この大変な作業を、腎臓は日夜、
私たちのためにもくもくと行っているんですが、

本当に大変な状況にならないと、
私たちは、「気がつかない」んですね━━(;゚Д゚)━━



乃ち、

気づいた時には、
週3回、1回に約4~5時間かけて、
人工的に汚れた血液をろ過する
人工透析を続けなければ、いけなくなったり、

腎臓をまるごと移植という事態に見舞われる・・・

という事になるんです。

きゃーーーーーーーーーーっ!!!∑(゚□゚;)

人工透析はかなりつらい治療になります。

人工透析については
 最後に詳しく解説しています!



一度患うと、腎臓は自力で回復する事ができないんですね。

じゃぁ、
一体、腎機能に何等かの障害が出た時、
どういう具体的な症状が出てくるんでしょうか?


スポンサーリンク




腎臓病:具体的な症状は?


私の知り合いのお嬢さんは、現在29歳。

時々会うので、道端でいろいろ話を聞くんですが、
数年前、慢性腎臓病を患ったんです。
( ̄- ̄;)

彼女は近所のお弁当やさんで働いていたのですが、

仕事が大好きだったんでしょうね(^^)

めきめき腕を上げて、社員に昇格。
毎日、バリバリに働いていました。





そんな矢先、ある日トイレに行った時
尿が泡立っているのに気がついたんです。

それも、泡がかなり細かく盛り上がるような感じで
「気持ち悪かった・・・」と言いました。

それと同時に、
まぶたがむくんできたんですね。



「変だな?と思ったけど、仕事が面白かったし、
やりがいも感じていて、休む気にならなかった。

だって、ぜんぜん、体調は異常なかったし、
休みの日は、テニスも続けてたから・・・」







ところが、
そのまま半年ほどすると、
今度は足がぱんぱんにむくみだして、
ブーツがはけなくなったそうです。




これらは、慢性腎臓病の典型的な症状なんですね。

慢性腎臓病の症状

①尿が泡立つ

②体がむくむ



①尿が泡立つ

尿をした時、表面上に盛り上がるような泡が立って、
その泡は決して消えないそうです。

これは尿の中にたんぱく質が含まれているため。

尿検査でも、検査項目にタンパク尿が出ていないか
検査する項目があり、
ここが+だと、慢性腎臓病の疑いがあります。



②体がむくむ

これは、腎臓が処理できない水分が溜まってしまい、
結果的に全身にむくみが出てきてしまうんですね。

初期症状では、上まぶたからむくみはじめ、
ぼーっとした印象になります。

検査方法


①尿検査

②血液検査



腎臓病の検査は、尿検査と血液検査があります。

尿検査は、上記に書いた通り、
尿にたんぱく質が含まれていないかを検査するのですが、

血液検査では、
血液中にクレアチニンが含まれていないかと検査します。




クレアチニンとは、
アミノ酸の一種が、代謝されてできた物質です。
ですから、通常は、尿中に排出される老廃物なんですね。

つまり、

クレアチニンが血液中にあるという事は
腎機能に何かの障害があると見て間違いないんです。



彼女は即入院と告げられ、
人工透析の手前で、なんとか気づいて治療に専念できたんですが、

「今思うと本当にぞっとするんです・・・。
このままいったら、
人工透析なんて事になっていたかと思うと、
その手前で気づけて本当に、本当に良かった!!!」

と何回も言っていました。ヾ(;´▽`A“





彼女は最悪の自体を間一髪で逃れて
今は、仕事も以前と変わらずこなしているんですが、

そもそも、

腎臓病って何が原因なんでしょうか?



腎臓病の原因は?



腎臓病は様々な原因が考えられます。

そもそも、本人の食生活や生活パターンに大きな原因があると見て
間違いないんですね。

    腎臓病の7つの原因


    1.塩分の摂りすぎ

    2.アルコールの摂りすぎ

    3.喫煙

    4.高尿酸血症状・糖尿病など

    5.水分不足

    6.身内に腎臓病の人が居る

    7.過度のストレス

これらの要因が、自分の中で当てはまる人は要注意!

うーん・・・・。
( ̄- ̄;)

そういえば、

私の知り合いのお嬢さんは、
ヘビースモーカーだし、
酔わないので、お酒も、友達とがぶがぶ飲んで、

お父さんが腎臓病でした。ヾ(;´▽`A“



逆に言えば、
自分で改善できる点を日頃から気を付けていれば、
腎臓病を患う危険性は少なくなるという事なんですね。



彼女は今回の事で、
深く、反省したようですwww。

当たり前ですよね!(゚ー゚)(。_。)




まとめ



とにかく、なんでもそうですが、
肝心なことは、
自分でできる健康管理をしっかりしておくこと。

そして、

定期的に医療機関で、
検診を受けておく事ですね♪(゚ー゚)(。_。)

検診に行く時間が無いという場合は、
とりあえず、ドラッグストア等で気軽に購入できる

尿検査用の検査テープが市販されているので、
とりあえず、自分で検査する事もできます。

患ったら、一生苦しまなくてはいけない腎臓病。

自己管理を徹底して、
検診は定期的に受けましょうね♪(*^-‘)b


「人工透析とは?シャントの概要と受ける原因も簡単にわかります!」




スポンサーリンク




関連記事はこちら